ここから本文です

ソフトバンクが楽天平石前監督をコーチで招へい…各球団発表、9日の人事は?

11/9(土) 21:04配信

Full-Count

平石氏は球団初年度の2005年から現役7年、指導者8年を楽天一筋で過ごした

 ソフトバンクは9日、今季まで楽天の監督を務めた平石洋介氏が1軍打撃兼野手総合コーチに就任したことを発表した。平石氏は昨季途中に楽天の監督代行を務め、今季正式に監督就任。昨年最下位に沈んだチームを3位に導き、2年ぶりのクライマックスシリーズ進出に導いた。シーズン後に球団から2軍統括のポストを提示されたが、それを断って退団していた。

【最新版】各球団で続々と組閣が発表…各球団発表、2019-2020年の引退、戦力外、自由契約一覧

 平石氏はPL学園高、同志社大、トヨタ自動車を経て2004年ドラフト7巡目で楽天に入団。通算122試合出場、37安打、1本塁打、10打点、打率.215の成績を残した。現役引退翌年の2012年から楽天のコーチを歴任し、16年に2軍監督、18年に1軍ヘッド兼打撃コーチに就任。同年途中から監督代行、今季は監督を務めた。球団が誕生した2005年から現役7年、指導者8年を楽天一筋で過ごしてきた。

■パ・リーグ

【ソフトバンク】
平石洋介1軍打撃兼野手総合コーチ 就任

Full-Count編集部

最終更新:11/9(土) 21:09
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事