ここから本文です

地上20mのネットによじ登った猫…レスキュー隊出動も救出劇は超難航 一夜明けて再救助、落下も走って逃げ去る

11/9(土) 12:59配信

まいどなニュース

 高知市内の野球場で、地上20mはあろうかというネットによじ登った猫ちゃんの大救出劇が繰り広げられた。この球場、現在はプロ野球のオリックスが秋季キャンプの真っ最中。選手、関係者、観客が心配そうに見守る中、消防署員も出動したが、怯えた猫ちゃんが逃げまくってしまい、作業は困難を極めた。

【動画】消防署員も命がけ…それでも救出作業は難航

 最初に“異変”に気付いたのは高知市東部野球場グラウンドキーパーの山本隆一さんだった。8日の朝8時、球場に出るとバックネット中段によじ登っている子猫を発見。優しく「降りてこ~い!」と叫んだが、猫は驚いたのかネットの最上部によじ登ってしまった。

 山本さんによると平成2年のオープン以来初めての出来事。「8時ごろに来た時、ネットの三分の一ぐらいの高さのティー打撃用のワイヤーのところにおった。降ろそうとしたら上がっちゅう(上がってしまう)し…」と困り顔で「(登ったのは)球場周辺の猫。まだ若い」と心配げだった。

 30分後に選手たちが続々とグラウンドに到着。西村監督をはじめ、選手、コーチ、球団関係者も心配そうにネット上の猫を見上げた。10時になって練習が始まったが、猫は一向に降りる気配がない。そもそも高すぎて降りられなくなったようだ。

 ランチタイムに設定されていた11時半を10分ほど過ぎ、ここで球場に3人の消防署員が到着。三連梯子を使って救出を試みることになった。ところが署員が近づくと猫はネット上部を綱渡りのように渡って3塁側に移動。足を滑らして落ちそうになる猫にスタンドはどよめき、「行くなっちゃ!」「早く助けて」といった悲鳴も上がった。

 およそ50分で計4度救出を試みたが、その度に猫は3塁方面に逃げて保護には至らず。40~50mの“綱渡り”で、最終的には3塁側スタンドの外周ネット上に移動してしまった。駆け付けた消防署員にとっても一歩間違えば命を落としかねない危険な任務。練習中のボールが飛んでいく恐れの少ない場所に行ったこともあって、昼過ぎで消防署員は撤退。猫は地上20mの高さにとどまることになってしまった。

 猫は一夜明けた9日朝になっても同じ場所にい続けている模様。球場奥の狭い場所に移動してしまったことで救出を要請しようにも、はしご車が入るスペースもない。同日朝現在、打つ手がない状態に球場関係者は頭を抱えている。

【追記】
 9日昼になって球団からの相談を受けた球場側が消防署に再度出動を要請。13時ごろに3名の消防署員が到着した。球場内には、はしご車のスペースがなく、隣の東部処理センターに使用許可を得て同センターの敷地内からはしご車をかけて救出にあたった。

 ちょうどランチタイムだったこともあり、西村監督をはじめ選手、関係者やスタンドの観客が注目する中で再び救出劇がスタート。はしご車で支柱上部に達した署員が、一度は捕獲網で猫を保護した。

 ところが驚いた猫が暴れ、かなり高いところで網から飛び出して落下。スタンドからは悲鳴も上がった。それでも防球ネットや木にぶつかったことが功を奏し、衝撃は少なかったようで、地面に落ちた猫はとどまることなく逃走。現場にいた球場職員の木村卓司さんは「ケガはしちゅう(してる)かもしれませんが、走って行ったのでホッとしました」と振り返る。前日の午前中から続いた大救出劇は、翌日14時にようやくひと段落となった。

(まいどなニュース特約・山本 智行)

まいどなニュース

最終更新:11/10(日) 18:09
まいどなニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事