ここから本文です

ジャパンC外国馬0に「非常に残念」JRA担当理事

11/9(土) 13:22配信

日刊スポーツ

今年のジャパンC(G1、芝2400メートル、24日=東京)が史上初めて外国馬が出走しないことについて、JRAの横田貞夫国際担当理事は「ジャパンCに外国馬の出走がなくなったことについて、非常に残念に思います。今回の結果を十分に検証し、今後のジャパンCを盛り上げることができるよう努力してまいりたいと思います」とのコメントを発表した。

【写真】88年ジャパンカップ 1着ホーリックス(右)2着オグリキャップ

最終更新:11/10(日) 23:05
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事