ここから本文です

チャンピオンズCも外国馬0、女王杯とマイルCSも

11/9(土) 14:50配信

日刊スポーツ

JRAはチャンピオンズC(G1、ダート1800メートル、12月1日=中京)についても外国馬の出走がないことを発表した。英国馬1頭、米国馬8頭が予備登録を行っていた。

チャンピオンズCは「ジャパンCダート」の名称で00年に創設され、14年から現在の名前にレース名を変更した。チャンピオンズCになってからは14年インペラティヴ、15年ガンピット、18年パヴェルの3頭が参戦していた。

JRAはジャパンC、エリザベス女王杯、マイルCS、チャンピオンズCの4競走を「ジャパン・オータム・インターナショナル・シリーズ」と銘打って、外国馬の関係者に参戦を呼び掛けている。エリザベス女王杯は11年のスノーフェアリー(1着)、ダンシングレイン(16着)、マイルCSも11年のサプレザ(3着)、イモータルヴァース(7着)を最後に外国馬の参戦がない。

最終更新:11/10(日) 23:05
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事