ここから本文です

テコンドー会長に聞き取り調査 選手と対立表面化

11/9(土) 19:14配信

日刊スポーツ

強化体制などを巡って選手との対立が表面化し、全理事が辞職することになった全日本テコンドー協会の金原昇会長(65)に対する、検証委員会からの聞き取り調査が9日、都内で始まった。

【写真】協会側と決裂した高橋理事と岡本副会長(当時)

日本バスケットボール協会の変革にも携わった境田正樹弁護士を委員長で、外部有識者4人で構成される検証委員会は、新理事の選定を担い、2週間前から選手、関係者らのヒアリングをしている。境田委員長らは金原会長へ、一部で報道されている反社会的勢力との関わりについてなどの事実確認を行うという。

この日は、一部の強化指定選手も検証委員会による聞き取り調査を受けた。

最終更新:11/10(日) 23:53
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事