ここから本文です

J1昇格に向けて大きな前進!柏がホームで3発快勝

11/9(土) 16:57配信

ゲキサカ

[11.9 J2第40節 柏3-0鹿児島 三協F柏]

 首位柏レイソルと20位鹿児島ユナイテッドFCによる一戦は、柏が3-0で勝利。早ければ明日にも柏のJ1昇格が決まる。

 ホームの柏は、DF染谷悠太が出場停止に。DF鎌田次郎を5試合ぶりに先発に復帰させると、MFクリスティアーノ、MF三原雅俊、DF川口尚紀を前節・大宮戦(●1-2)のスタメンから代えて起用した。

 5戦負けなし(1勝4分)と調子を上げている鹿児島。出場停止明けのMF萱沼優聖がスタメンに戻ったほかは、前節・岡山戦(△0-0)と同じ10人で臨んだ。


 柏と鹿児島、両者にとって勝ち点3が大きな意味を持つ一戦。どちらも他チームの結果次第となるが、前者はJ1昇格の可能性、後者はJ2残留の可能性を今節で得ることができる。

 先手を取ったのは、リーグ最多得点タイ(66得点)の攻撃力を誇る柏だった。前半7分、MFヒシャルジソンが右サイドのクリスティアーノに展開、クリスティアーノのクロスはDFにクリアされてしまったが、つめていたヒシャルジソンがダイレクトでボレーシュート。これがゴールネットを揺らした。

 つないでくる鹿児島に対し、柏は素早い寄せで鹿児島のミスを誘いボール支配率を高めていく。すると20分、柏は右CKを得ると、クリスティアーノのボールは鹿児島DFが触るもそのままファーサイドでFW江坂任が頭で押し込む。2-0。柏がリードを広げる。

 前半アディショナルタイムには鹿児島も決定機をつかむ。スローインから萱沼がDF酒本憲幸のリターンをもらうと、中央へクロス。MF牛之濱拓がトラップから放ったシュートは枠をとらえたが、日本代表GK中村航輔のセーブにあってしまう。

 鹿児島は後半開始と同時に、前回対戦時に得点を奪っているMF五領淳樹を投入、続けてFWルカオも送り込んだ。

 しかし、続く得点も柏に生まれる。18分、クリスティアーノ左CKをFWオルンガがヘディングで合わせ、3点目を奪った。

 ゴール前に人数をかける鹿児島は、中央をパスで崩すと、最後はMF中原秀人が左足で狙う。しかし、ここもGK中村が立ちはだかり、ゴールを許さない。

 柏は交代枠を使い切り、鹿児島に得点を許さない展開で試合終了の笛を迎えた。

 明日行われる徳島対横浜FCで、横浜FCが引き分け以下に終われば柏の2位以内が確定、自動昇格が決定する。

最終更新:11/9(土) 20:56
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事