ここから本文です

イニエスタが大敗後にサポーターへメッセージ

11/9(土) 23:00配信

ゲキサカ

[11.9 J1第31節 名古屋3-0神戸 豊田ス]

 J1第31節が9日に行われ、10位ヴィッセル神戸は敵地で14位名古屋グランパスと対戦し、0-3の大敗を喫した。2試合連続でスタメン出場したMFアンドレス・イニエスタが試合後に自身のツイッター(@andresiniesta8)を更新し、サポーターにメッセージを送っている。

 今季4度目となった名古屋との対決。これまでの戦績は1勝1分1敗となっており、対名古屋戦の勝ち越しと9月以来のリーグ戦2連勝を狙った神戸だったが、序盤から失点を重ねてしまった。

 前半12分、FW前田直輝に豪快なシュートを叩き込まれて先制ゴールを許し、同23分には前田の個人技からMF和泉竜司に追加点を献上。後半9分にも前田に決められて3点のビハインドを背負った。神戸は試合を通してポゼッションで大きく上回り、シュート数も相手の倍以上となる17本を記録したが、終わってみれば0-3の完封負け。頼みのイニエスタも得点に絡めず、後半30分に途中交代となった。

 イニエスタはツイッターで名古屋戦を振り返り、「私たちはこの結果を予期していなかった。うまくいかなかった」と反省。次節のホームC大阪戦は中断期間を挟み、23日に開催される。「私たちは次の試合まで2週間の準備期間があり、これはとても重要だ」と気を引き締めたイニエスタは「あなたたちのサポートには言葉が見つからない! さあ行こう、神戸」とファン・サポーターに共闘を呼びかけた。

最終更新:11/10(日) 9:34
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事