ここから本文です

マッサ、ルクレールの”成功”を確信「フェルスタッペンより先にF1王者になるかも」

11/10(日) 10:19配信

motorsport.com 日本版

 元フェラーリF1ドライバーのフェリペ・マッサは、シャルル・ルクレール(フェラーリ)が既にチャンピオン争いを繰り広げる資質を備えていると考えており、新世代ドライバーの代表格であるマックス・フェルスタッペン(レッドブル)よりも先にチャンピオンを獲得する可能性があると語った。

【動画】2019年F1第19戦アメリカGP決勝ハイライト

 フェラーリ在籍8年間で11勝を挙げたマッサはmotorsport.comの独占インタビューの中で、フェラーリの後輩にあたるルクレールについて、チーム内での立場を確立したその走りに感銘を受けたとコメント。F1フル参戦2年目ながら、すぐにでもタイトル争いを繰り広げられるだけの資質を示したと話した。

「彼(ルクレール)は非常に才能のある男だけど、僕が最も驚いたのは彼の頭の良さとプレッシャーに対処する能力だ」

「彼がフェルスタッペンより速いか遅いかは分からない。でもフェラーリ加入初年度でポールポジションを7回獲得したということが、多くを物語っている」

「フェルスタッペンよりも先に、”ゴール”に到達する可能性は除外できないと思う」

 フェラーリのためにレースをするというプレッシャーは過小評価されがちであり、それだけに今季のルクレールがより印象的だとマッサは言う。

 フェラーリでの生活に順応するのがどれだけ大変なのかと訊くと、マッサは「多くの点で準備ができていなければいけないんだ」と答えた。

「メディアやファンのプレッシャーや、自分がフェラーリでドライブしているんだと気づいた時のプレッシャーに対処することを学ぶ必要がある」

「それは簡単なことではない。でもシャルルはそれに完璧に対処した。彼は良いヤツだし、とても頭が良いんだ」

Jonathan Noble

最終更新:11/10(日) 10:19
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事