ここから本文です

中央道でハイウェイパトロールの男性はねられ死亡 交通事故の交通規制中

11/10(日) 18:00配信

UTYテレビ山梨

9日夜、山梨県上野原市の中央道で、ハイウェイパトロールの53歳の男性が車にはねられ死亡しました。
9日午後6時半過ぎ、上野原市野田尻の中央道上り線で、事故による交通規制の準備をしていた男性が乗用車にはねられました。
男性は笛吹市石和町に住む、中日本ハイウェイ・パトロール東京の社員、相川雅人さん(53)で、甲府市内の病院に運ばれましたが死亡しました。
現場は3車線の道路で、警察によりますと相川さんは直前に起きた追突事故による交通規制のため、追い越し車線に停まっていた事故車両の後ろで作業をしていたということです。
この事故で中央道上り線は大月インターから上野原インターまでの間が約6時間半にわたって通行止めとなりました。
警察は車を運転していた新潟県長岡市の19歳の大学生に話を聞くなど事故の原因を調べています。




[UTYテレビ山梨]

UTYテレビ山梨

最終更新:11/10(日) 23:05
UTYテレビ山梨

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事