ここから本文です

世界記録保持者も履いているナイキのヴェイパーフライは「不公平なアドバンテージ」なのか?

11/10(日) 20:00配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

11月3日(現地時間)、ケニアのジョフリー・カムウォロル(Geoffrey Kamworor)選手が2時間8分13秒でニューヨークシティー・マラソンを制した。

【全画像をみる】世界記録保持者も履いているナイキのヴェイパーフライは「不公平なアドバンテージ」なのか?

10月にはエリウド・キプチョゲ(Eliud Kipchoge)選手が非公認ながら、史上初の2時間切りを達成した。

カムウォロル選手とキプチョゲ選手は、ともにナイキの「ヴェイパーフライ(Vaporfly)」のシューズを着用していた。このシューズがランナーのエネルギー効率を上げているとの指摘もある。

国際陸上競技連盟は、ヴェイパーフライが不公平なアドバンテージをもたらしていないかどうか調査している。

11月3日、ケニアのジョフリー・カムウォロル選手が2時間8分13秒でニューヨークシティー・マラソンを制した。

「レースはスタートから良い感覚でした」と語ったカムウォロル選手は、「ゆったりとした気分でした。このマラソンを走るために十分な準備をしてきました。終盤はペースがやや速かったですが、問題ありませんでした。そこで突き放そうと決めました」と話した。

ハーフマラソンの世界記録保持者でもあるカムウォロル選手は、ニューヨークシティー・マラソンで2017年にも優勝している。2018年は3位だった。

ゴールしたカムウォロル選手は、トレーニング仲間のエリウド・キプチョゲ選手に迎えられた。キプチョゲ選手は10月、ウィーンで行われた特別レースで史上初の2時間切りを達成していた。

どちらのランナーも、ナイキの「ヴェイパーフライ4%」のシューズを愛用している。

カムウォロル選手は、他の多くのエリートランナー同様、ニューヨークシティー・マラソンでこのシューズを着用(下の写真でも分かるように、明るいピンク色のシューズがそれだ)。キプチョゲ選手もウィーンのレースで同じシューズを使用していた。2016年の夏季五輪でも、男子マラソンのメダリスト3人がヴェイパーフライのプロトタイプを履いていた。

しかし、一部のランナーからはこのシューズが不公平なアドバンテージをもたらしているとの声もある。

1/3ページ

最終更新:11/11(月) 8:51
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事