ここから本文です

芦田愛菜“大和なでしこ”スタイル 凜として祝辞の大役務めた

11/10(日) 5:59配信

デイリースポーツ

 人気アイドルグループ・嵐が9日、東京・千代田区の皇居前広場で行われた「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」の第2部「祝賀式典」に出席し、天皇皇后両陛下の御前で、岡田惠和氏作詞、菅野よう子氏作曲の奉祝曲「組曲 Ray of Water」を奉呈した。47万通の応募から参加した3万人が見守った厳かな式典で全身全霊を込めて歌唱した5人は、国民的グループとしての使命を務めあげた。女優の芦田愛菜(15)、歌舞伎俳優の松本白鸚(77)、ロス五輪柔道男子金メダリストでJOC会長の山下泰裕氏(62)が祝辞。午後に行われた第1部と合わせ、延べ6万人が集まった。

【写真】ノースリーブ、生脚ですっかり大人の雰囲気になった 芦田愛菜

 芦田は淡い色調の着物に金の帯を巻き、髪の毛をアップに結った“大和なでしこ”スタイルで、「天皇陛下ご即位にあたり、心よりお祝いを申し上げます。お祝いと感謝を申し述べる機会をいただき、緊張しておりますが光栄に存じます」と2分半にわたる祝辞を奉呈した。「新元号令和は万葉集からの出典と知り、何て素敵なことだろうと深く感動しております。古くから日本に伝わる文化を大切にしつつ、新しい日本へ躍進していく時代になっていくことを、切に願っております」と聡明な表情を浮かべ、大役を完遂した。

 令和の新時代を担っていく15歳の芦田に続いて、昭和、平成と日本の伝統芸能をけん引してきた白鸚が登壇。「現代の日本における国民の象徴として、両陛下らしい新しい息吹を、日本の伝統文化に与えてくださると、固く信じております。お導きを拝受できますことは、明るく大きな希望でございます」と言葉に力を込めた。

 国民祭典は、俳優・谷原章介(47)と有働由美子アナウンサー(50)の司会で進行した。

最終更新:11/10(日) 10:35
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事