ここから本文です

木村拓哉vs玉森裕太の“デザートバトル”に視聴者が熱く注目…「グランメゾン東京」第4話

11/10(日) 23:00配信

cinemacafe.net

木村拓哉主演の日曜劇場「グランメゾン東京」の第4話が11月10日にオンエア。ついにプレオープンを迎えたグランメゾン東京。冨永愛演じるリンダはその味を認めるのか? デザートをめぐる“バトル”と、江藤からの刺客…怒涛の展開に視聴者の反応は!?

【写真】「グランメゾン東京」第4話

パリに自分の店を持ち二つ星を獲得するも、首脳会談でアレルギー食材混入事件に加え暴行事件まで起こしたことでその座を追われ、仲間たちからも憎まれてしまった尾花夏樹を木村さんが演じる本作。


尾花と「グランメゾン東京」を立ち上げる女性シェフ・早見倫子に鈴木京香。京野陸太郎を沢村一樹。相沢瓶人に及川光博。平古祥平に玉森裕太。祥平の働くブッフェのパティシエ・松井萌絵に吉谷彩子。グランメゾン東京にバイトとして応募してきた芹田公一に寛一郎。尾花のライバル・丹後学に尾上菊之助。丹後の店のオーナーで尾花の妨害をする江藤不三男に手塚とおる。フリーのフードライター・久住栞奈に中村アン。尾花の元交際相手で「マリ・クレール ダイニング」の編集長、リンダ・真知子・リシャールに冨永愛といったキャスト。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
グランメゾン東京のプレオープンにリンダが来ることになり、リンダを納得させるデザートを作り直すことに。早速尾花たちは祥平のいるホテルへ向かう。祥平をスカウトするのかと思いきや尾花は萌絵に声をかける。そして萌絵と尾花はそれぞれ栗を使ったデザートを作りどちらがおいしいか対決することに。その話を聞いた祥平は、萌絵のデザート作りを手伝う…というのが今回のストーリー。


祥平が裏で萌絵を手助けしたことで、実質尾花対祥平の“デザートバトル”が繰り広げられた今回。これまでにない真剣な表情をみせた祥平に「優しさがあって負けず嫌いで努力家で男らしい平古祥平がただただかっこいい」、祥平を演じた玉森さんにも「本心を心に秘めて抑えて我慢するような演技が本当に上手い」といった声が相次ぐ。


また江藤からの“刺客”として柿谷光が登場。料理人としてグランメゾン東京にもぐりこみ、調理を途中で放棄してプレオープンを妨害するという役どころだが、演じているのは「ルパンの娘」も記憶に新しい大貫勇輔。得意のダンスを封印してスパイ役を演じた大貫さんに「厨房で踊っていてほしかったのに」「柿谷さんこのポジションで終わらないよね?」などの反応も多数寄せられている。


柿谷の妨害工作が失敗した江藤は芹田を買収、リンダは「グランメゾン東京」に尾花がいることを記事にしてしまう。新たな危機がせまる尾花と「グランメゾン東京」の今後に注目だ。

最終更新:11/14(木) 16:04
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事