ここから本文です

伊藤美誠がシングル2勝で韓国を逆転、2大会連続の決勝進出に導く「もっと勝っていかなきゃ」

11/10(日) 6:04配信

スポーツ報知

◆JA全農 ITTF 卓球W杯団体戦2019TOKYO(9日・東京体育館)

 男女の準決勝が行われ、世界チームランク(TR)2位の日本女子は同7位の韓国を3―1で下し、2大会連続で決勝に進んだ。伊藤美誠(19)=スターツ=がシングルスで2勝を挙げる活躍。10日の決勝は8連覇中の中国に挑む。日本男子は中国に0―3で敗れ銅メダル。張本智和(16)=木下グループ=は世界ランク1位の樊振東に0―3で敗れたが、今後はエースとして引っ張る決意を示した。

【写真】男子は銅メダル 中国にストレート負けも張本に「エースの自覚」

 伊藤がエース起用に応えた。日本女子は初戦から3戦連続で1試合も落とさずに勝ち上がったが、準決勝は第1試合のダブルスで敗戦。初めて追いかける展開にも「そこまで動揺せずにできた。勝っても負けても、絶対に2番で自分に回ってくる。1本目からしっかり入れる準備をしていた」。第2、4試合のシングルスで2連勝。韓国を3―1で下し、2大会連続の決勝進出を決めた。

 2試合とも苦しい展開を勝ち切った。崔孝珠とは過去1勝1敗。4年ぶりの対戦で、思い切った攻撃やカウンターに手を焼いた。第1ゲームを先取されたがサーブでリズムを変え、ブロックや回り込んでのフォアハンドも決まって挽回。フルゲームを制すと、第4試合でも15歳の新星・申裕斌を退けた。「2人とも実力のある選手に勝っていて、思い切り来る選手。すごい接戦を勝つことができて、明日につながる試合ができた」と胸を張った。

 昨年2月の前回大会はダブルスにも出場。今回はシングルスに最大2試合出場できるエース起用が続く。それでも「引っ張っていこうというより、自分の勝ちがチームに影響するということだけを考えている」と重圧とは無縁だ。昨年5月の世界選手権団体戦は中国との決勝で劉詩ブンを破るなど、8戦全勝で大会MVP。今大会でも団体戦の連勝を13に伸ばした。

 中国を除く海外選手に対しても今季は17戦無敗。打倒・中国の1番手としての実力を見せつけ、決勝に挑む。「大事な一戦。でも最近は中国選手が特別な存在ではないと言ってきているし、もっと勝っていかなきゃいけない。勝って、東京五輪の舞台でも勝てるようにっていう自信をつけたい」。日本は中国に3大大会(五輪、世界選手権、W杯)の団体戦では、1971年世界選手権の勝利を最後に22連敗中。五輪会場で歴史を塗り替える。(林 直史)

 ◆平野美宇、韓国エースを圧倒

 力強い両ハンドドライブでたたみかけ、第3試合で相手エース格の田志希を3―0で圧倒した。事前の想定と異なっていた韓国のオーダーにも戸惑い、第1試合のダブルスを1―3で落としたが、1勝1敗で回ってきたシングルスで奮起。「相手がどんな戦術でも、迷わず自分のペースでいけた。ここ1年で今日が一番強かったと思う」と充実の表情を浮かべた。

最終更新:11/10(日) 7:44
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事