ここから本文です

佐藤勝利&高橋海人、田中樹らとの勝負に勝利!

11/10(日) 18:02配信

シネマトゥデイ

 佐藤勝利(Sexy Zone)と高橋海人(King & Prince)が10日、丸の内ピカデリーで行われた映画『ブラック校則』公開記念舞台あいさつに来場し、劇中で不良グループのメンバーを演じる田中樹(SixTONES/ジャニーズJr.)、葵揚、水沢林太郎ら3名との三番勝負に“勝利”した。

佐藤勝利、高橋海人、田中樹がかっこよすぎる!イベント時の様子【写真】

 本作は、主人公の高校生・創楽(佐藤)が、生徒たちを必要以上に縛り付ける“ブラック校則”のせいで不登校気味になっていた一人の女子生徒を救うために、親友の中弥(高橋)と共に、本当の自由を手に入れるために立ち上がる青春ストーリー。1日に公開初日を迎えた同作は、主に10代から20代の女性を中心に支持を集めており、早くもリピーターが多数来場しているという。

 そんな本作のヒットを記念して、この日は主要キャストらによる舞台あいさつを実施。本作に登場する、理不尽な“ブラック校則”にちなみ、佐藤・高橋チームと、劇中で不良グループ役を務める田中・葵・水沢らが、理不尽な時間内でミッションに挑戦する「ブラック校則(高速) チャレンジ対決」を行うこととなった。

 「名前が(勝利という)名前なんで、勝ちたいと思います」と佐藤が意気込めば、高橋も「チームの仲間に(名前が)勝っている人(佐藤)がいるんで、不良3人組に負けるわけにはいかないです」と続ける。対する田中は「(勝負に勝って、佐藤から)勝利という名前を奪って、田中勝利になりたい。舞台あいさつが終わったころには、佐藤樹になってもらいますよ」と不敵に笑ってみせた。

 “ブラック高速”3本勝負は、スクリーンと中央モニターに次々と映し出される10個の数字を瞬時に記憶して答える「数学:数字記憶対決」、“ぶ・ら・こ・う”の4文字から、愛の告白アイウエオ作文を作る「国語:あいうえお作文対決」、本作の主題歌「麒麟の子」に合わせて体を高速で動かし、万歩計でカウントされた数字を競う「体育:万歩計カウント対決」が実施され、見事、佐藤・高橋チームが勝利。田中は「今日から僕は田中敗北です」と悔しそうにしていた。

 そんな勝負も終わり、最後のメッセージを求められた佐藤は、「『ブラック校則』をもっと観てほしいですし、今日も映画を観た後にイベントを見てくれてありがとうございます。日本全国は寒かったり暑かったりといろいろだと思いますが、みなさん身体に気を付けてください」と全国のファンに呼びかけた。(取材・文:壬生智裕)

最終更新:11/12(火) 17:08
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事