ここから本文です

声優・大塚明夫が男泣き!小島秀夫監督「DEATH STRANDING」完成に熱き思い

2019/11/10(日) 18:04配信

シネマトゥデイ

 11月8日にリリースされたPlayStation4向け新作ゲーム「DEATH STRANDING(デス・ストランディング)」の発売記念イベントが10日、東京・品川で行われ、ゲームディレクターの小島秀夫監督をはじめ、日本語版声優の津田健次郎、大塚明夫、井上喜久子、水樹奈々、山路和弘、石住昭彦、三上哲らが登壇し、ファンの前で思いを語った。

【画像】大塚明夫が涙…「DEATH STRANDING」発売記念イベント

 この日は、ゲームのテーマ「つながり」をコンセプトに世界10都市を回る「『DEATH STRANDING』 World Strand Tour(ワールド・ストランド・ツアー)」の東京イベント。海外から戻ったばかりという小島監督だが、声優陣と共にファンの前に立ち「感慨深いです」と笑み浮かべる。

 伝説の配達人サム・ポーター・ブリッジズとなり、謎の現象「デス・ストランディング」によって分断されたアメリカ大陸を横断し、人々をつないでいく本作。サム役のノーマン・リーダスをはじめ、マッツ・ミケルセン、レア・セドゥなど豪華スターが共演。「つながり」をテーマにつづられる感動的なストーリーや壮大な映像美、世界中のプレイヤーとつながる斬新なゲームシステムが注目を浴びている。

 全世界のファンが待ち焦がれた小島作品への参加とあって、サム役の津田は「僕の後輩なんかも楽しみにしていて、(プレイするまで)何も話しかけないでくださいと言われたり。何か言ったら本気で怒られそうで、口にチャックをしてます」と反響に苦笑。この日は観客との質疑応答も行われ、ファンから「(ゲーム内で)声を聞けて幸せ」と言葉をかけられた大塚が「愛しているよ!」と返すなど、和やかな雰囲気のなかでイベントは進行した。

 またこの日、小島監督は「Twitterのフォロワー数が最も多いゲームディレクター」「Instagramのフォロワー数が最も多いゲームディレクター」としてギネス世界記録に認定され、授賞式も実施。小島監督の代表作「メタルギアソリッド」シリーズの主人公スネーク役を演じ、盟友でもある大塚は、この偉業を自分のことのように喜び「俺たちの小島秀夫がどんどん世界を駆け上がっていくのを下から押し上げている感じがあって、報われている気持ちで嬉しいです」と語った。

1/2ページ

最終更新:2019/11/14(木) 18:14
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事