ここから本文です

<ドラマ1週間>「半沢直樹」吉沢亮主演でSPドラマ、横浜流星はGP帯連ドラ初主演

11/10(日) 21:40配信

MANTANWEB

 1週間のドラマのニュースをまとめて紹介する「ドラマ1週間」。今回(11月2~8日)は、俳優の横浜流星さんが、女優の清野菜名さんとダブル主演する2020年1月期放送の日本テレビ系の連続ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」で、ゴールデン・プライム帯(GP帯、午後7~11時)の連続ドラマで初主演を果たす話題や、俳優の吉沢亮さんが、TBSで2020年1月3日に放送されるスペシャルドラマ「半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ」で主演を務める話題などが注目された。

【写真特集】やっぱり“無敵ピンク”? ゆりゆり横浜流星の写真を一挙公開… 黒髪もいい!!

 11月2日、9月28日に最終回を迎えたNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」の特別番組「なつぞらSP秋の大収穫祭」がBSプレミアムで放送された。番組のメインとなるのは、「とよさんの東京物語」と「十勝男児、愛を叫ぶ!」の2本のスピンオフドラマ。十勝編と東京編をにぎわせた個性豊かなキャラクターたちが続々と登場した。

 同日、俳優の田中圭さん主演の連続ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)の新シリーズ「おっさんずラブ-in the sky-」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)初回が放送された。社会現象を巻き起こしたドラマの新シリーズとあり、注目を浴びていた本作。Twitterでは放送前から「おっさんずラブinthesky」がトレンド入りし、ドラマ中盤に差し掛かると日本のトレンド1位を獲得。放送後の深夜0時20分ごろには世界のトレンドも3位にまで急上昇し、作品の人気の高さを改めて証明した。

 同3日、マンガ誌「プレミア Cheese!」(小学館)で連載中の浅野あやさんの人気マンガ「ねぇ先生、知らないの?」が実写ドラマ化され、女優の馬場ふみかさん、俳優の赤楚衛二さんがダブル主演を務めることが、分かった。原作は、マンガ家・青井華と、カリスマ美容師・城戸理一のラブストーリーで、馬場さんが華、赤楚さんが理一をそれぞれ演じる。赤楚さんは今回がドラマ初主演となる。ドラマは、MBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」(木曜深夜0時59分)で12月5日スタート。

1/3ページ

最終更新:11/10(日) 21:40
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事