ここから本文です

札幌 武蔵2発!日本代表へ弾み 自己最多シーズン12点

11/10(日) 5:30配信

スポニチアネックス

 ◇明治安田生命J1第31節 札幌2―4(2019年11月9日 ニッパツ)

 札幌のFW鈴木が意地の2発で日本代表へ弾みをつけた。チームは前半早々の2失点が重くのしかかり2―4で敗戦。それでも前半8分にCKのこぼれ球を角度のないところから右足で押し込むと、後半29分には「練習通りの形が出た」と見事な崩しから最後はMF荒野の右からの折り返しにワンタッチで合わせた。

 この2試合連続ゴールで昨季、長崎で記録した11点を上回る自己最多のシーズン12点目。チームはACL切符が完全消滅したが、「代表の活動に気持ちを切り替えて臨みたい」と話すと、「3月に(代表に)選ばれてからまだゴールがないので結果を示したいのと、コンサでやってきたことを出したい」と意気込んだ。

最終更新:11/10(日) 5:30
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい