ここから本文です

【エリザベス女王杯】スミヨン騎乗のラッキーライラックが復活V「自信を持って乗った」

11/10(日) 16:41配信

スポーツ報知

◆第44回エリザベス女王杯・G1(11月10日・芝2200メートル、京都競馬場、良)

 牝馬18頭によって争われ、クリストフ・スミヨン騎手が騎乗した3番人気のラッキーライラック(4歳、栗東・松永幹夫厩舎、父オルフェーヴル)が直線で内から伸びて快勝。17年阪神ジュベナイルフィリーズ以来となるG1・2勝目を飾った。勝ち時計は2分14秒1。

 逃げた7番人気のクロコスミア(藤岡佑介騎手)が1馬身1/4差で同レース3年連続の2着。3着には1番人気のラヴズオンリーユー(ミルコ・デムーロ騎手)が入った。

 スミヨン騎手(ラッキーライラック=1着)「今日はいい馬に乗せてもらえたこともあるけど、自分自身もベストなコンディションだった。調教に乗ったときからいい馬だというイメージがあった。パドックでの動きも姿も良かったので、自信を持って乗った。スタートがそれほど良くなく、思ったよりも後ろの位置になったが、内枠でもあり(脚を)ためていこうと。3コーナーの坂を下って、4コーナーで加速がついたので外を回ろうと思ったが、ふと見ると内が空いていたので内をついた。内が空いたとは言っても、この馬の切れがなければ勝てなかった」

最終更新:11/11(月) 13:12
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事