ここから本文です

iPad版「Photoshop」「Illustrator」の登場でiPadがより使えるツールになる

11/10(日) 7:00配信

&GP

Adobeは、米国時間11月4日から開催された「Adobe MAX 2019」に合わせて、「Adobe Photoshop iPad版」をはじめとするAdobe Creative Cloudの新製品やアップデートについて発表。「Creativity For All」というメッセージが掲げられ、iPadを中心にモバイル・タブレットデバイスの活用について新たな提案がされました。

【もっと写真を見る】

そこで、膨大な発表内容から、iPadが関連する新アプリを中心にチェックしておきたいトピックを振り返ります。

「Photoshop」にiPad版が登場

一番のトピックはやはり、「Adobe Photoshop iPad版」の提供が開始されたことです。

機能は「画像合成」「レタッチ機能」「画像のマスク」という3種類のタスクにフォーカスした内容に。なお、現時点では基礎を優先したミニマムな構成ではありますが、今後のアップデートで順次機能が足されていくとのこと。

画面上に表示される「タッチショートカット」ボタンを活用することで、キーボードを接続していない状態でもショートカット操作が可能になるなど、タッチスクリーンに最適化されていることも特徴です。

また、「クラウドドキュメント」システムに対応し、こちらに保存したファイルはPSDCというフォーマットになります。これによりデスクトップ版のPhotoshopとシームレスに連携可能に。iPadを活用することで、オフィス環境だけでなく、電車での移動時間などにもPhotoshopを用いた基本的な作業を行いやすくなります。

Adobe Creative Cloudのプランに含まれるほか、月額1080円(AppStore、税込)での単体利用も可能。新規ユーザーは30日間無料で体験できます。

「Illustrator」のiPad版もまもなく

「Adobe Illustrator iPad版」のプレビューも公開されました。パスを用いたベクターでの描画が可能で、従来アプリでのフリーハンド描画よりも、機械的で緻密な描画が可能となります。描画だけでなく、フォントを活用した編集が行えるようになっていることも、本家のIllustratorならでは。

オブジェクトを複製して整列させるリピート機能も秀逸で、アイコンを円形に配置したり、平面に並べたりする操作も一瞬で可能に。同様に、左右対称な図形を描ける機能も備えます。

そのほか、手書きの線をカメラでキャプチャーして、自動でパスを作成できる機能も紹介されました。

製品版の公開時期は2020年を予定。プレビューゆえに価格等の情報は明かされていません。

1/2ページ

最終更新:11/10(日) 7:00
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事