ここから本文です

2台で5500万円超!? アストンマーティンの超ラグジュアリーカーを発見!【東京モーターショー2019】

11/10(日) 10:03配信

MOTA

日本スーパーカー協会エリアで発見!

第46回東京モーターショー2019の南展示棟では、アストンマーティンのVANTAGE(ヴァンテージ)とDBSスーパーレッジェーラが展示された。同社は映画007でジェームズ・ボンドが乗る”ボンドカー”のメーカーとしても有名だが、今回は2台で5500万円を超えるスーパーカーをご紹介する。

■イギリス国旗のモチーフもおしゃれ! アストンマーティンの2台を画像で見る(14枚)

贅沢な英国のスーパーカー2台がお目見え

南展示棟の日本スーパーカー協会エリアにて、イギリスのラグジュアリースポーツカーメーカー「アストンマーティン」のブースを発見。
そこに展示されていたのは、4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載する「VANTAGE(ヴァンテージ)」と、同社の量産車として最上級のモデルである「DBSスーパーレッジェーラ」の2台だ。
ちなみに気になるお値段は、ヴァンテージが2056万8981円と記載されており、約3500万円といわれるDBSスーパーレッジェーラと合わせると5500万円を軽く超えてしまうから驚きだ。

MOTA編集部

最終更新:11/10(日) 10:03
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事