ここから本文です

ゴルフのラウンド後半にコーヒーを飲むと集中力がアップする!? メンタルに効く「飲み物」との付き合い方

11/10(日) 6:31配信

みんなのゴルフダイジェスト

前半は調子が良かったのに、後半は別人のように大叩き……なんてことは我々アマチュアゴルファーにとってはよくある話だ。もしかしたらその“大叩き”の原因は集中力が切れているからかも。プロも教えるメンタルコーチ・池努が集中力に効く飲み物とその理由を教えてくれた。

集中力は効率よく使う

前回の記事では集中して練習するためのノウハウをお伝えしました。人が1日に使える集中力には限りがありますので、その集中力を効率よくゴルフの練習に使えるとレベルアップにつながりそうですね。

そして、今回はラウンドでの水分摂取と集中力の関係について紹介していきたいと思います。気軽に実践でき、効果も見込める内容になっていますので読んでみてくださいね。

水分補給と集中力

あなたはラウンド中にどれくらいの水分を取りますか? 実はこの水分摂取が集中力の維持に大きく影響している事実をご存じでしたか?季節にもよりますが多くの方がワンラウンドで500mlのペットボトルを1本以下という摂取量が一般的なようです。

言わずと知れたことですが人の脳の80%は水でできていますので、水分が不足すると集中力が落ちることは不思議ではありませんよね。

実際に、イースト・ロンドン大学とウェストミンスター大学の研究者は集中力と水分摂取の関係性について次の実験を行っています。

知的な作業に集中する前に約0.5リットルの水を飲んだグループ(以下A)と飲まなかったグループ(以下B)を比較しました。するとAはBに比べ14%も反応時間が早くなることが発見されています。具体的には体から2%の水分が失われるだけで集中力が低下することが分かっているのです。

長距離の陸上競技やサッカー、ラグビーなどの経験者は夏場の試合で後半にかかるにつれ集中力が欠けていくことを体験済みだと思いますがこの原因は暑さより脱水によるものが大きいのです。

このように水分補給と集中力は密接に関わるものなので、おすすめはワンホールごとに(少なくとも2ホールに1度)ミネラルウォーターでのどを潤すことをルーティン化することです。メンタルサポートするプロ選手の多くも試合中はのどが渇いてからしか水分はとらない方が多いですし、驚くことに1試合で500mlのペットボトルの水も空かないという選手も多いので1試合で500mlの水を2本は空けるようにすすめています。

1/2ページ

最終更新:11/10(日) 6:31
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事