ここから本文です

メッシ!メッシ!!メッシ!!! FK2発含む今季初ハットでバルサ首位返り咲き

11/10(日) 6:52配信

SPORT.es

ラ・リーガ・サンタンデール第13節FCバルセロナ対セルタ・デ・ビーゴの試合が現地時間9日21:00よりカンプ・ノウで行われた。

ベンゼマの2ゴールなどでレアルが乾フル出場のエイバルに4発圧勝

前節レバンテに足元をすくわれたバルサは、ミッドウィークのスラヴィア・プラハ戦でも勝ちきれずカンプ・ノウのスタンドからブーイングが浴びせられた。バルサは一時的なショックを払拭し、再び連勝街道を進むために結果を求められる一戦となった。

4連敗中の18位セルタは、成績不振により監督フラン・エスクリバを解任。後任にアスルグラナとも深い関わりのあるオスカル・ガルシアを招聘してカンプ・ノウの一戦に臨んだ。

試合が動いたのは21分。左サイドをオーバーラップしたジュニオル・フィルポがハンドを誘発し、PKを獲得。これをメッシがGKの逆を取り左下へ流し込んだ。(1-0)

メッシのPKで先制したバルサだが、その直前にセメドが故障を訴えてブスケツと交代するアクシデントに見舞われている。

37分にはボックス内に侵入したアルトゥールの折り返しをメッシが押し込んだが、アルトゥールのドリブルがゴールラインを割っていた為、得点は認められず。

42分、セルタが試合を振り出しに戻す。ルーカス・オラサのFKが決まり同点。(1-1)

前半終了間際にメッシが魅せる。バルサの10番が“十八番”であるFKを沈めて勝ち越した。(2-1)

後半に入って3分過ぎ、再びメッシが観客を魅了した。1本目のFKと同じような位置から放たれた同じような軌道のシュートがゴールネットに吸い込まれた。メッシの今季初のハットトリックで3点目。(3-1)

62分には高い位置でボールを奪ったバルサは、DFを引き付けたメッシがグリーズマンへラストパスを送るが、グリーズマンのシュートはGKにブロックされた。

85分にもクリアボールをコントロールしたブスケツが豪快にシュートを叩き込み4点目。(4-1)

メッシ劇場で公式戦3試合ぶりの勝利を手にしたバルサが再び首位に返り咲いている。

SPORT

最終更新:11/10(日) 6:58
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事