ここから本文です

大気不安定 10日(日)夜~11日(月)にかけ 西・東日本では落雷や突風、急な強い雨に注意を

11/10(日) 11:25配信

ウェザーマップ

 低気圧や前線の影響で、西・東日本では大気の状態が非常に不安定となる見込み。西日本は10日(日)夜から11日(月)にかけて、東日本では11日、落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨、ひょうに注意が必要だ。

 低気圧が11日にかけて、日本海を発達しながら東へ進み、低気圧からのびる寒冷前線が西日本から東日本を通過する見込み。
 また、西日本から東日本の上空5500メートル付近には-21℃以下の寒気が流れ込み、低気圧や寒冷前線周辺で大気の状態が非常に不安定となりそうだ。

 西日本は10日夜から11日にかけて、東日本では11日、落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に注意が必要。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めたい。
 また、ひょうが降るおそれもあり、農作物や農業施設の管理にも注意が必要となる。

最終更新:11/10(日) 11:38
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事