ここから本文です

大量ゾンビから大規模イルミまで 今なぜ「夜のレジャー施設」がアツいのか?

11/10(日) 19:30配信

アーバン ライフ メトロ

ホラー・サスペンスコンテンツとの親和性

 レジャー施設というと昼の姿を思い浮かべますが、今、夜のレジャー施設が面白くなっています。もちろんクリスマスシーズンが近づいていることから、本格的なイルミネーションシーズンに突入して夜のレジャー施設の魅力は増しますが、それだけではないさまざまな新しい魅力が生まれています。

【画像】台風15号に負けず頑張る「東京ドイツ村」のウィンターイルミネーション!

 夜のレジャー施設はカップルやファミリーでごった返す昼の賑やかさとは相反する、まるで別の世界に入り込んだような独特の雰囲気があります。ホラーやサスペンスと言ったコンテンツと親和性があり、色々な作品の舞台にもなりました。何かが起こるような、いてはいけない場所に入ってしまったような、どきどきする高揚感を感じる人は多いでしょう。その雰囲気を利用してリアル脱出ゲーム・リアル謎解きゲームやホラーイベントを行う施設も出てきています。

 特に遊園地では夜間帯を活用したリアル脱出ゲームが活発に実施されています。例えば2019年は「夜の巨大監獄からの脱出」が「よみうりランド」(稲城市矢野口)や「ナガシマスパーランド」(三重県桑名市)、「ひらかたパーク」(大阪府枚方市)などの通常営業終了後に実施されました。

 内容はある遊園地跡地に建てられた巨大監獄から脱獄するストーリーのゲームです。水族館でも夜のリアル謎解きゲームが数多く実施されており、「サンシャイン水族館」(豊島区東池袋)では「天空のペンギンと月光の秘密」が7月19日(金)~9月23日(月)に開催されました。

 リアル脱出ゲームやリアル謎解きゲームを実施している企業では、夜の遊園地、夜の水族館をシリーズ化して、定期的にさまざまな施設で開催しています。興味のある人は是非チェックしてみてください。

 また、「サンリオピューロランド」(多摩市落合)では通常営業終了後の夜間帯を利用して「オバケンゾンビランド in サンリオピューロランド」を6月1日、8日(ともに土)に開催しました。このイベントは2019年で5回目。ゾンビウイルスが蔓延したサンリオピューロランドを復活させるという設定で、園内を徘徊する大量のゾンビにライフを奪われないように逃げながらさまざまなミッションをクリアーしていく体験型イベントです。当日の夜間帯は園内が真っ赤な照明に染まり、ゴーストキティやバンパイアキティも登場しました。

1/3ページ

最終更新:11/10(日) 19:30
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事