ここから本文です

阿知羅26歳最年長でも若手に負けない!台湾WL参加内定 中日・清水が辞退で抜てき

11/10(日) 6:30配信

中日スポーツ

 中日・阿知羅拓馬投手(26)が23日から台湾で開幕する「アジアウインターベースボールリーグ」に参加することが内定した。既に参加選手としてNPBから発表された清水達也投手(20)が「みやざきフェニックス・リーグ」で右肩の炎症を発症したため、台湾の参加は取りやめることになり、代わりに阿知羅が抜てきされた。NPBから派遣される選手では最年長となる右腕が、来季の飛躍を期して異国へと飛ぶ。

 若手が主体となる同リーグでは異例の参戦だが、与田監督は迷いなく派遣を決めたという。「清水の参加が厳しくなって真っ先に頭に浮かんだのが阿知羅だった。今年プロ初勝利を挙げて来季の彼にもすごく期待している。たくさん学んできて今後につなげてほしい」と話した。

最終更新:11/10(日) 6:30
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事