ここから本文です

野球人生の生き残りを賭けた最後の戦い 中日戦力外の杉山&近藤が12球団合同トライアウトに向けナゴヤ球場で練習

11/10(日) 13:14配信

中日スポーツ

 中日から戦力外通告を受けた杉山翔大捕手(28)と近藤弘基外野手(26)が10日、ナゴヤ球場で練習した。12日に12球団合同トライアウト(大阪シティ信用金庫スタジアム)を受ける2人は、打撃練習やノックなどで汗を流した。杉山が「限られた時間の中で、できることはやりました。何とか結果を残して、次のステップに進めるようにしたい。トライアウトでは消極的にならず、積極的にやりたい」と意気込みを語った。

 近藤は「実戦の感覚はまだないですが、ある程度、体は動くようになった。(トライアウトは)やるしかない。悔いが残らないようにしたい」と悲壮な決意を見せた。2人は11日朝にナゴヤ球場で最後の練習を行い、大阪入りする予定だ。

最終更新:11/10(日) 13:14
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事