ここから本文です

女優・黒島結菜が語る「東京」。大河ドラマ『いだてん』の撮影秘話も♪

11/10(日) 20:30配信

magacol

今年、NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』の出演でも注目を浴びている女優・黒島結菜さん。bis出演に合わせて行った全5回のスペシャルインタビューをお届けします。まずは、ドラマのテーマになった“東京オリンピック”にちなんで、東京の街やスポーツについてお話を伺いました。

“東京”は夢がいっぱい。全然飽きなかった

―東京のイメージは?

やっぱり、なんでもあるなって(笑)。沖縄が地元なので、東京には昔から憧れがあって。小さいころから「高校を卒業したら東京に行くんだ」って思っていました。“東京”というだけでかっこいいし、夢がいっぱいあるイメージです。


――実際に上京してみた感想は?

東京に来てすぐのころはずっと上ばっかり見ていました。ビルが高いので(笑)。高層ビルや高いところにある看板を見て、東京ってやっぱすごいなって。人も多いし、物もいっぱいある。全然飽きなかったです。


――東京の中で、好きな街はありますか?

今回の撮影できた下北沢は割と好きです。


――お買い物をしに行くんですか?

買い物よりは美味しいご飯屋さんに行くほうが多いです。沖縄料理屋さんが多いので行ったりとか、あとは街もちょっとゴチャっとしている感じが結構好きです。


――東京オリンピックで注目している事はありますか?

バドミントンです。中学のころバドミントン部だったので。日本の女子も男子もとても強いので、オリンピックのときに近くで見られたらいいなと思っています。


――経験者としては、最近の日本選手の活躍ぶりはすごいんですか?

私がバドミントンをしていたころは、中国やマレーシアとか、他のアジアの国が強かったイメージがありました。なので、他国に圧勝しているのを見て「いつの間に!」って驚いていて。東京オリンピック開催というタイミングで日本選手がどんどん強くなっているので、オリンピック本番には期待していますね。


――やっぱ女子を応援していますか?

両方ですね。女子も男子も応援しています。


――『いだてん』の撮影はいかがでしたか?

私が出演していたシーンは「スポーツは男子のためのもの」という時代から「女子もスポーツしていいんだ」という新しい時代に入るところだったので、撮影現場も「華やかになっていいね!」と言われました(笑)。それまで男の人たちの熱いシーンが多かったのでちょっと華やかになって、明るく、楽しく撮影を終えました。

黒島結菜(くろしまゆいな)

1997年沖縄県生まれ。2012年のデビュー以降、数々の映画、ドラマに出演。NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』では、村田富江役を公演。ヒロインを務める映画『カツベン』(監督:周防正行)は、12月13日より公開。

最終更新:11/10(日) 20:30
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事