ここから本文です

カルバハル チームの現状に満足「続けていかなくてはならない」

11/10(日) 19:59配信

SPORT.es

レアル・マドリーの右SBダニ・カルバハルは、ラ・リーガ・サンタンデールの第13節で彼のチームがエイバル相手に敵地で大量得点を挙げて勝利した後、幸福感に満ちた様子を見せている。

カルバハルがクラブの補強について言及「昨シーズンの亡霊が...」

「ここ最近、僕らは完璧なゲームを見せている。失点を0に抑えているし、このように続けていかなくてはならない」とマドリーのDFは断言し、「これから代表ウィークの中断期間があり、良い状態で迎えることができる」と付け加えている。

「その後には非常に厳しい1ヶ月を迎えることになるが、気を引き締めて挑んでいかなくてはならない」と彼のチームメイトであるアザールやフェデリコ・バルベルデの活躍も強調していたカルバハルは指摘している。

「アザールはベストな状態になってきている。リーガへ適応した後、僕らに多くのことをもたらしてくれるだろう。それは簡単なことではないからね。そして、バルベルデはみんなにとっての模範である。彼はとても勤勉な選手だ。試合を重ねるごとに良くなっている」とレアル・マドリーのSBは認めている。

カルバハルはレアル・マドリーで250試合出場を達成したことに対するサポートについても、感謝の言葉を述べている。「僕にとって非常に大きな喜びであり、光栄なことだ。僕はとても幸せを感じている。今夜エイバル戦で勝ち点3を獲得し、これ以上ない素晴らしい形で祝福することができた」と締めくくっている。

(文:SPORT)

SPORT

最終更新:11/10(日) 21:28
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事