ここから本文です

大一番で不甲斐ない出来…バイエルンに大敗でドルトSDも怒り「説明できない。選手たちに聞く必要がある」

11/10(日) 16:20配信

GOAL

枠内シュートはなし

ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は、チームが大一番で見せたパフォーマンスに怒りを示した。

ドルトムントは9日、ブンデスリーガ第11節でバイエルン・ミュンヘンと対戦。バイエルンは前節終了後に監督交代の決断を下し、手負いの王者とのデア・クラシカーとなったが、0-4とまさかの大敗。個々のミスの多さも目立ち、90分間で枠内シュートなしという不甲斐ないパフォーマンスでなすすべなく敗れている。

ツォルク氏は「とても失望しているし、何と言っていいかわからない」と失望の色を隠せない。

「パフォーマンスに大きな違いがあったので、4-0も納得だ。最初の15分間は悪くなかった。それから、ボールを持っているときに簡単なミスを犯し、バイエルンにとって簡単になった。最終的には、あんなものはパフォーマンスではないと言える」

「このパフォーマンスは説明できないし、選手たちに聞いてみなければならない」

まさかの大敗でドルトムントは5位に。リーグ戦ではここ7試合で2勝にとどまっている。

最終更新:11/10(日) 16:20
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事