ここから本文です

鹿島DF小田逸稀が右膝半月板損傷で手術…約2カ月の治療期間を要する見込み

11/10(日) 20:02配信

GOAL

 鹿島アントラーズは10日、DF小田逸稀が負傷のため手術を行ったことを発表した。

 同選手は6日の練習中に負傷。右膝半月板損傷と診断され、8日に東京都内の病院においてチームドクターの執刀による手術を行った。クラブによると治療期間は約2カ月を様子見込みとしている。

 小田は1998年生まれの21歳。東福岡高校から17年に鹿島へ加入し、今季はリーグ戦で2試合に出場していた。

最終更新:11/10(日) 20:02
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事