ここから本文です

『Goal 50』過去の受賞者たち…C・ロナウド、メッシなどその年の「顔」がズラリ!

11/10(日) 21:01配信

GOAL

『Goal 50』とは、年に1度、過去12カ月の活躍に基づいて世界から50人のベストプレーヤーを選出し、ランキングするアワード。2019年は初めて男女をトップ25ずつに分けることが決まっている。世界42カ国にある『Goal』の編集長や記者たちが、ビッグマッチにおける活躍、前年と比べたパフォーマンスレベルの一貫性、記憶に残る活躍だったかどうか、所属クラブと各国代表での実績を判断して投票する。

昨年の『Goal 50』全順位は?

今年の『Goal 50』は12日火曜日に発表されることとなるが、それに先立って過去11年間のNo.1プレーヤーたちをプレイバック。

2008:クリスティアーノ・ロナウド

クリスティアーノ・ロナウドの『Goal 50』初受賞は、2008年にまで遡る。ランキングにはリオネル・メッシ、フェルナンド・トーレスが続いた。

ポルトガルのスーパースターはこの年42回ネットを揺らし、マンチェスター・ユナイテッドをプレミアリーグとチャンピオンズリーグの2冠に導いた。この栄誉ある賞にふさわしい活躍だったといえるだろう。

2009:リオネル・メッシ

初回『Goal 50』で惜しくも2位に終わったメッシは2009年にトップの座に輝き、ロナウドは連続受賞を逃した。

メッシの後に続いたのは、バルセロナでともにプレーしたアンドレス・イニエスタとシャビであり、このトリオはフットボール史に残る芸術的な連携をみせてカタルーニャのクラブで中心的な役割を担った。

メッシはこの年チャンピオンズリーグで得点王に輝いており、決勝では珍しいヘディングでのゴールでバルセロナに決定的な2点目をもたらしている。

2010:ヴェスレイ・スナイデル

メッシ、ロナウド以外で『Goal 50』を受賞した最初の男がヴェスレイ・スナイデルだ。彼が2010年のベストプレーヤーの座を射止めた。

前年にレアル・マドリーからインテルに加入したこのオランダ人は、その契約がネラッズーリ(インテルの愛称)にとって間違いではないことを証明してみせた。チャンピオンズリーグ準決勝では2ゴールを挙げてバルセロナを粉砕、決勝ではディエゴ・ミリートの先制ゴールをお膳立てして2-0のスコアでバイエルン・ミュンヘンを下した。

スナイデルとインテルにとって、それはセリエAとコッパ・イタリアの優勝に続く3つ目のタイトルとなった。この攻撃的ミッドフィルダーは、ワールドカップのタイトルが手に届く位置にもいたが、オランダは決勝で惜しくもスペインに1-0で敗戦した。

それでも『Goal 50』の受賞に十分ふさわしい活躍を見せたスナイデルは、続くメッシやシャビを抑えてこの栄誉を手にしている。

1/3ページ

最終更新:11/10(日) 21:01
GOAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事