ここから本文です

群馬‐長野県境の渋峠は雪 13日から冬季閉鎖へ

11/10(日) 12:11配信

ウェザーニュース

ウェザーニュース

 今朝、群馬県中之条町と長野県山ノ内町の間にある渋峠では、寒気の影響で雪が降り、国道292号線の路面にも雪が積もりました。

 渋峠の標高は2172mで「日本国道最高地点」となっています。

 麓にある群馬県草津町のアメダス(標高1223m)の6時の気温は2.3℃でした。標高差から計算すると渋峠のほうが5℃程度低いと考えられ、氷点下の気温になっていたとみられます。

 今日は寒気の流れ込みが徐々に弱まり、天気は回復に向かう見込みです。


 渋峠を通る国道292号線は例年11月から冬期閉鎖となり、今年も11月13日(水)13時から冬季閉鎖となる予定です。

 本州の方も、秋のドライブのつもりで峠へ向かうと雪が降っているということがあり得ますので、出発前に道路状況を調べ、標高の高い所へ向かう場合には冬用タイヤ等の装備をするようにしてください。


 なお、今週後半の14日(木)以降は強い寒気が日本付近へ南下する予想です。

 北海道では大雪のおそれがあるほか、東北地方でも標高の高い所では積雪の可能性があります。北陸以南の山でも雪の降る可能性があり、峠道は積雪となるかもしれません。

 ウェザーニュースの行ったユーザーアンケートの結果、東北6県のユーザーのうち11月7日(木)時点でタイヤ交換を済ませた方はわずか22%たらずでした。まだ冬用タイヤに交換をしていない人はこの週末のうちに準備をしておくことをおすすめします。

ウェザーニュース

最終更新:11/10(日) 12:20
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事