ここから本文です

ミニバンに、あの「ランエボ」のエンジンを搭載!? 大パワーの旧車ミニバン3選

11/10(日) 16:10配信

くるまのニュース

ミニバンだけど、パワーがすごい!

 1990年代からのステーションワゴンブームがひと段落すると、室内が広く荷物も多く詰めるミニバンの人気が高まりました。

【画像】ミニバンにF1のエンジンを搭載!!高性能ミニバンをチェック(11枚)

 かつては、1BOX(ワンボックス)と呼ばれていたエンジンがキャビンの下にある商用バンをベースに、乗用車化したものが主流でしたが、前面衝突時の安全確保の観点などから現在ではフロントにエンジンがレイアウトされたものがほとんどです。

 ボディサイズは取り回しのしやすいコンパクトなものや、装備が充実して大きさも価格も高級車並みのモデルまでさまざまですが、ミニバンは家族連れでドライブや買い物を楽しむユーザーに広く受け入れられています。

 最近では、余裕ある走りのためにターボエンジンやハイブリッドも増えましたが、なかにはミニバンにこれほどパワーが必要なのか、と思ってしまうようなクルマもあります。

 そこで、大パワーなエンジンを搭載した高性能ミニバンを、新旧合わせて3車種紹介します。

●ホンダ「エリシオン プレステージ」300馬力

 2004年に発売されたホンダ「エリシオン」は、広い室内空間を持った高級ミニバンでした。

 新開発された低床プラットフォームは「オデッセイ」よりも大きな全長/全幅で、しかも安定した操縦安定性を持っていました。

 デビュー時にラインナップされていた最高出力250馬力の3リッターV型6気筒SOHCエンジンは余裕の走りを見せてくれましたが、160馬力の2.4リッター直列4気筒DOHCエンジン搭載のベーシックグレードでも何不自由なく走らせることが可能でした。

 さらに2007年追加の「PRESTIGE(プレステージ)」では、同時期の「レジェンド」と同じ3.5リッターV型6気筒SOHCエンジンを搭載し、そのスペックは最高出力300馬力/最大トルク36.0kgmで、1940kgの車重(PRESTIGE SG・FF)を感じさせない程に軽やかに走らせ、一見すると大人しそうな外観に反して国内ミニバン最速といわれました。

 残念ながらエリシオンは2013年に国内販売を終了してしまいましたが、2代目エリシオンは控えめな2.4リッターエンジンを搭載して、5代目オデッセイの兄弟車として、いまも中国で販売されています。

1/2ページ

最終更新:11/11(月) 7:09
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事