ここから本文です

この車ならデートOK! 20代から30代女性に聞いた「女子ウケ」バッチリなモテる5車種とは!?

11/10(日) 6:10配信

くるまのニュース

時代は「チョイワル」から「チョイキュート」へ

 バブル景気のころ、多くの男性が女性をデートに誘うためにこぞってクルマを購入しました。当時、デートはクルマで行くのが当たり前だったのです。

助手席に女の子が座ること間違いなし!?女子人気が高いクルマを画像でチェック(20枚)

 時代は変わり、もはやクルマだけではデートに誘えるか微妙ではありますが、それでも「デートはクルマで迎えに来てほしい」という女子の本音もチラホラ聞こえてきます。

 そこで、20代から30代の女性に「どんなクルマならデートOKか」というアンケートを実施。学生から社会人までアクティブに行動している女子から見た「素敵なクルマ」を紹介します。

●スズキ「ハスラー」

 日本独自の規格である軽自動車は、やはり黄色いナンバーで女子ウケはあまり高くなさそうでしたが、数少ない人気車種だったのがスズキ「ハスラー」です。

 クロスオーバーSUVのハイトワゴンで、東京モーターショー2019では新型のプロトタイプが世界初公開されました。

 2代目となる新型は、全長3395mm×全幅1475mm×全高1680mmと規格内なので大きく変わりません、初代よりホイールベースが35mm延長され、さらに居住性の向上が見込まれています。

 また搭載されるエンジンは、660cc直列3気筒のマイルドハイブリッドか、同ターボで、高速道路走行や4名乗車の機会が多いなら、ターボがオススメです。

 レトロなイメージがある丸型2灯のフロントフェイスは初代からのキープコンセプトで、ボディのデザインは、よりアウトドア志向となり、市街地でも存在感がありそうです。

 ハスラーならどこでも行けそうということで、「遊びに行く途中で運転を代わってみたい」との意見もありました。機能的過ぎない道具のようなイメージに女子の反応も「軽自動車っぽくない」と、高評価につながっています。

●トヨタ「C-HR」

 2016年にデビューしたクロスオーバーSUVのトヨタ「C-HR」は、販売開始時から注目度も高く、いまだに販売台数ランキングの上位に食い込む大ヒットモデルです。

 全長4390mm×全幅1795mm×全高1550mmのボディは、小さ過ぎず大き過ぎずの絶妙なサイズ。パワーユニットは1.2リッター直列4気筒ターボと1.8リッター直列4気筒エンジン+モーターのハイブリッドが選べ、駆動方式はFFと4WD(ガソリン車)を用意。2019年10月のマイナーチェンジで、1.2リッター車は6速MTモデルもラインナップされています。

 市販車とは思えないほど複雑なプレスラインのスタイリッシュなボディは、クーペのようなイメージで人気が高く、20代女子からの支持率が高めでした。

 C-HRなら都市でのショッピングにも馴染み、ウインタースポーツをはじめアウトドアにも違和感がなさそうという、オールラウンダーぶりが高評価を得ていました。

 少し高めの車高で前方の視認性もよく乗降性もいいので、助手席へのエスコートもしやすそうです。

 ちなみに、30代女性からは「ミニ四駆みたい」という意見もあり、見ようによってはプラモデルっぽいデザインに感じるかもしれません。

1/3ページ

最終更新:11/11(月) 7:36
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ