ここから本文です

千葉ジェッツが3連勝、敵地で名古屋ダイヤモンドドルフィンズを退ける

11/10(日) 17:45配信

バスケットボールキング

 11月10日、各地でB1リーグ第8節が行われ、ドルフィンズアリーナでは千葉ジェッツが名古屋ダイヤモンドドルフィンズとの第2戦に臨んだ。

 第1クォーターは、互角の展開となり、16-16。第2クォーターは、マイケル・パーカーが2つのスティールをマークするなど、ディフェンスが機能し始め、相手を12得点に抑える。攻めては、19得点を積み上げ、35-28で後半へ。

 第3クォーターは安藤周人に9得点を中心に28得点を許すも、千葉もジョシュ・ダンカンを中心に28得点を積み上げ、63-56で勝負は最後の10分間へ。最終クォーターはコー・フリッピンらの得点で徐々にリードを広げ、試合終了残り4分3秒に富樫勇樹がファストブレイクから加点し、78-65と13点のリードを奪った。その後は、奪ったリードを渡すことなく、最終スコア83ー74でタイムアップ。千葉が敵地で連勝をマークした。

■試合結果
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 74-83 千葉ジェッツ(@ドルフィンズアリーナ)
名古屋D|16|12|28|18|=74
千葉  |16|19|28|20|=83

BASKETBALL KING

最終更新:11/10(日) 17:45
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事