ここから本文です

「ハミルトンはシューマッハーが持つすべての記録を塗り替えるかもしれない」と元F1ドライバー

11/10(日) 7:05配信

オートスポーツweb

 ルイス・ハミルトンはモーターレース史上最も偉大なドライバーの仲間入りを果たしたと、『Sky Sport F1』のコメンテーターを務める元F1ドライバー、マーティン・ブランドルが語っている。

2018年F1シンガポールGPでのブランドルとハミルトン

「ルイスは今日までのF1での成功において、あらゆる面で完全に評価されている」とブランドルは、ハミルトンが6度目のF1世界タイトルを獲得したアメリカGPについて分析するなかで述べた。

 ハミルトンはファン・マヌエル・ファンジオの記録を抜き、これまで破られたことのない、ミハエル・シューマッハーの7度のタイトル獲得記録にあとひとつのところに迫った。

「彼はミハエル・シューマッハーの絶頂期の記録すべてに挑戦していくだろう。(アメリカGPの)日曜日は(ハミルトンの)F1における150回目の表彰台登壇だった。ミハエルの記録まであと5回だ」とブランドルは語った。

「彼は他の点では、ポールポジション獲得回数などで彼を抜いている。率直に言えば、すでに7度目や8度目のタイトルを易々と獲得していた可能性もあったのだ」

「もう少しの運や追い風があれば、2007年や2016年にも勝てていたかもしれない。2008年のブラジルでは幸運に恵まれたが」

「F1にかかわる誰もが、このレベルの完走、ポイント、表彰台、勝利、タイトルを達成するのがいかに難しいかを知っている。6度のタイトルは言うまでもないことだ」

「彼の継続的な業績に圧倒されている。彼がイギリス史上最高のスポーツマンのひとりであることは間違いない」とブランドルは付け加えた。

「さらに言えば、ルイスを含めずに『史上最も偉大なレーシングドライバーは誰か』という現実的な議論をするなどということはありえない」

■「ハミルトンはあと数年ピークを保てる」とブランドル

 ブランドルは、「長年にわたる心身への負担は計り知れないものだ」として、ハミルトンが「世界的な勝利をもたらすために良好な健康状態と人生を危険にさらしてきた」と指摘した。

「ルイスはそうした負担を、私生活における関心事などを用いた独自のやり方で相殺しているのだろう。オースティンでは彼のコーナーに超有名人グループがいた」

「認めようが認めまいが、彼はF1の残りのドライバー全員を集めたよりも人気がある」

 ブランドルはまた、F1におけるハミルトンの支配はあと数年は終わることがないだろうと語った。

「私は、F1において若さと経験が最適な組み合わせになるのは28歳から34歳の間だと思うと頻繁に言ってきた」

「ルイスは1月に35歳だから、これは修正する必要があるかもしれないね。今ではドライバー個人の体力や、安全性、マシンの完全性、コースも考慮するべきなのだ」

「モチベーションや視力、反応力、判断力は衰えるものだが、今は非常によく整えられケアがなされている」

「何しろ40歳のキミ・ライコネンが、今も良い走りをしているのだからね!」

[オートスポーツweb ]

最終更新:11/10(日) 7:05
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事