ここから本文です

トッテナム指揮官、苦戦が続くチームに言及「我々は“過渡期”で時間が必要」

11/10(日) 12:14配信

SOCCER KING

 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、自身が率いるチームについて言及した。9日付けで、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 トッテナムは9日に行われたシェフィールド・U戦を1ー1で引き分け、リーグ戦12試合を終えて勝ち点は14。暫定ながら現在12位で、チャンピオンズリーグ(CL)の出場圏内である4位とは11の勝ち点差がある。

 ポチェッティーノ監督は今のチームが“過渡期”であるとし、昨シーズンまでの強さを構築するには時間がかかると感じているようだ。シェフィールド・U戦にも触れながら以下のように語っている。

「我々は過渡期にあり、自分たちが望むものを構築するには時間が必要だ。とはいえ、今は世界で最も厳しいプレミアリーグとCLを戦っている。チーム編成のバランスを取るのは簡単なことではないよ」

「今回の試合(シェフィールド・U戦)で失望しているのは、後半に先制したにもかかわらず、そのリードを守れなかったこと。また試合を決める2点目を決めることができなかったことだ。イライラするのは良くないことだけど、幸せな気持ちではなかったね」

SOCCER KING

最終更新:11/10(日) 12:14
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事