ここから本文です

台風19号の被害 早川町雨畑 仮設道路が24時間通行可能に

11/11(月) 19:40配信

UTYテレビ山梨

UTYテレビ山梨

甚大な被害をもたらした台風19号の最接近から間もなく1か月ですが山梨県早川町雨畑地区では崩れた県道の仮設道路が24時間通行が可能になり11月11日、通行規制が解除されました。
早川町では10月発生した台風19号の大雨で町内にある2つの県道が崩落し一時、76世帯128人が孤立しました。
このうち県道雨畑大島では10月26日、崩落した道の横に長さおよそ180メートルの仮設道路を作りました。
この仮設道路は夜10時から朝の6時までは通行禁止でしたが夜間照明などの設置が完了したためこの日、規制が解除され住民からは安どの声があがりました。
崩れた県道について山梨県では来年度中の復旧を目指し作業を進めています。




[UTYテレビ山梨]

UTYテレビ山梨

最終更新:11/11(月) 19:40
UTYテレビ山梨

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事