ここから本文です

中国人独身者「結婚相手は収入より学歴」「車より家購入を優先」:「独身の日」セールに合わせ実態調査

11/11(月) 20:00配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

11月11日の中国独身の日セールで、EC最大手のアリババは開始1時間3分9秒に売上高1000億元(約1兆5600億円)を達成、16時31分(中国時間)に昨年1日の売上高2135億元(約3兆3000億円)を突破。中国の消費力を世界に見せつけた。

【グラフをみる】中国人独身者「結婚相手は収入より学歴」「車より家購入を優先」:「独身の日」セールに合わせ実態調査

この日は元々、独身者を比喩する「1」が4つ並ぶことから、パートナーのいない男女が、合コンやパーティーをして過ごす、文字通りの「独身の日」だった。そこにネットショッピング普及に取り組むアリババが2009年、「寂しい独身者のためにセールをしますよ」と仕掛け、10年後の今では完全にECセールの日に様変わりした。

中国で不動産や飲食店などの情報サイトを運営する58同城グループは独身の日に合わせ、サイトが収集するビッグデータから中国独身者のライフスタイルを分析した「2019年独身者レポート」を公表した。少し前までは、「男性は家を買わないと結婚できない」というのが中国の共通認識だったが、経済の減速や価値観の変化を反映してか、持ち家信仰はやや薄れているようだ。

6割が「車より先に家を買う」

レポートによると独身者の58.7%は、「まず家を買い、次に車を買う」と回答した。つまり住宅、車の両方を購入しようとしているのは全体の6割を占めた。一方で、調査を実施した58同城は、「(購入は)どちらでもいいと答えた比率も高まっており、住宅購入の優先度は以前に比べて下がっている」と分析した。

「最初の家、車は何歳で買いたいか」は、いずれも31-35歳が最多だった。

車の購入を計画しているのは56.2%で、そのうち7割はローンを組むと答えた。許容できる月々の返済額は、3000─5000元(約4万6000円─約7万6000円)が最多だった。

車購入予算は、12─18万元(約190万円─280万円)が最も多かったが、北京、上海、広州、深センからなる一級都市は予算を18万元以上と答えた割合が他都市より高く、また、環境に配慮したハイブリッド車やEV車への関心も高かった。

現在の交通手段は76.7%が公共交通機関(バス、地下鉄)で、2番目に多いのがタクシー・ライドシェア。自家用車での通勤は30.2%だった。

1/2ページ

最終更新:11/12(火) 5:01
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事