ここから本文です

<いだてん>第42回視聴率は6.3% オリンピック選手村問題が決着…

11/11(月) 11:35配信

MANTANWEB

 宮藤官九郎さんが脚本を手がけるNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第42回「東京流れ者」が11月10日に放送され、平均視聴率は6.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

【写真特集】前畑の娘を演じるのはあの元天才子役! 話題となった水着姿がこれだ!! 波と戯れ…

 「いだてん」は、日本人が初めて五輪に出場した明治の終わりから、東京に五輪がやってきた1964年まで、およそ半世紀を描くオリジナルストーリー。テーマは「“東京”と“オリンピック”」で、大河ドラマで近現代史を取り上げるのは、1986年の「いのち」以来33年ぶり。中村勘九郎さんが日本で初めて五輪に参加したマラソン選手の金栗四三、阿部サダヲさんが「東京オリンピック」実現に執念を燃やす政治記者の田畑政治を演じ、“リレー”形式で主演のバトンをつなぐ。

 第42回では、1961年、3年後のオリンピック開催に向け、開発が進む東京。田畑は、政府が埼玉県内で進める選手村建設計画を中止させ、競技場に近い都心部に場所を確保しようと奔走する。田畑の意を受けた平沢和重(星野源さん)が、代々木の米軍基地を返還するようアメリカに訴えるが、それが大きな波紋を呼ぶ。政府によってオリンピック担当大臣に任命された大物政治家の川島正次郎(浅野忠信さん)は、田畑に忍び寄り……という展開だった。

最終更新:11/11(月) 14:42
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事