ここから本文です

小島監督が2つのギネス世界記録に認定!!「『DEATH STRANDING』World Strand Tour 2019 TOKYO」レポート

11/11(月) 15:00配信

アスキー

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下SIE)は、11月10日「SSJ品川ビル」にてコジマプロダクションが開発したアクションゲーム『DEATH STRANDING』「『DEATH STRANDING』World Strand Tour 2019 TOKYO」を開催した。

【もっと写真を見る】

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下SIE)は、11月10日「SSJ品川ビル」にてコジマプロダクションが開発したアクションゲーム『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』の発売記念イベント「『DEATH STRANDING』 World Strand Tour 2019 TOKYO」を開催した。本イベントは、応募フォームにて応募して抽選で選ばれた一般参加者も参加。小島秀夫監督(小島監督)と豪華ゲスト陣が登壇し、参加者とのQ&Aセッションもあるゲームイベントになっている。
 
『DEATH STRANDING』は「デス・ストランディング」と呼ばれる謎の現象により事実上崩壊した近未来の北米大陸が舞台。プレイヤーはそんな世界で「伝説の配達人」と呼ばれる凄腕の「運び屋(ポーター)」のサム・ポーター・ブリッジズとなり、一部の都市や地下にこもって孤立した人々に物資を届け,通信ネットワークを繋ぐ仕事を引き受ける。
 
©Sony Interactive Entertainment Inc. Created and developed by KOJIMAPRODUCTIONS.
 
 本イベントでは、まず小島監督が登壇。会場に集まったユーザーはこのイベントに参加した間はゲームができないが「帰ったら国道がバンバンできているんで」と、ゲームのシステムに則ったジョークで会場を盛り上げた。
 
 小島監督の次に、今度はゲーム内でキャラクターに日本語音声を吹き込んだ、豪華声優陣が登壇。
 
『DEATH STRANDING』World Strand Tourは、今回の東京の前にパリから始まり、世界中で行なわれている。トークショウの最初は、その時の様子が小島監督から語られた。Paris Games Weekにてトレーラーを初披露。ロンドンでは、撮影会を行なったが、6時間で770人と撮影を行なったといってゲストを驚かせていた。
 
 次に、登壇されたゲストの方のプレイ状況についてのトークに。三上哲氏は自分の演じたキャラクターがいつ出て来るのかを気にしていたという。また、山路和弘氏は、本イベント前も朝からプレイし、最初の崖で10回ぐらい転落したことなどを明かした。
 
 発売してから反響は?という質問に、津田健次郎氏は、「発売前に後輩が、めちゃくちゃ楽しみにしていて。津田さん何も言わないでください。まっさらな状態でやりたいんで」と、本気でネタバレを止められたというエピソードを語った。
 
 また、本作は洋画が好きで、ゲームは普段プレイしないが、ゲームキャラクターのモデルとなった俳優のファンなので始めたという人もいるという。また、ゲストの声優の方々は日本語版でプレイしているが、自分の声を聴くと落ち着かないという意見も。
 
キャラクター愛や収録時のエピソードなど、ファンの知りたいことが語られた!
 さらに、会場に来られた一般来場者の方からの質問にゲストが答えるトークショウが実施された。質問が採用された人には『DEATH STRANDING』のポスター2枚が贈られた。「自分の演じたキャラクター以外にお気に入りのキャラクターはいますか?」という質問に、小島監督は全員だと答えた。
 
 一方、ゲストでは井上喜久子さん、水樹奈々さんの女性2人は、サムと一緒に道のりを歩む専用カプセルに入った胎児「BB」に癒されると意気投合。
 
 質問者の方はクリフを演じた俳優のマッツ・ミケルセンが好きとのこと。劇中にクリフが躍るシーンがあるが、それはもう1度見る方法があるという、マル秘情報も語られ、ファンは席に用意された「いいね」マークを掲げて盛り上がった。
 
 次に「以前から小島監督とお仕事をしてきたキャストの方々に質問ですが、これまで出演してきた作品と、収録で、今回は変わったなと感じたことはありますか?」という質問に、大塚明夫氏はセリフを吹き替える時に、オリジナルの俳優のセリフの長さ(波形)に、ピッタリと合わせる必要があったのが、とても大変だったと語った。
 
 また、大塚明夫氏への質問で「今回は出撃を見送る役を演じられていて、MGS(METAL GEAR SOLID)との違い、演じるうえで気を付けたことはありますか?」という質問に対しては、「ミッションの内容など、プレイヤーに伝えないといけないことが、何を言ってるわからないと困るので、ちゃんとわかりやすく、伝わることを常に心がけました」とのこと。その辺は、主人公を演じていた時との違いだそうだ。
 
 そのほか、マッツ・ミケルセンの大ファンの方からクリフの演技に関する質問、主人公サムの演じ方についてのオーダーなど、演技に関するコダワリ部分の話が語られた。
 
小島監督がギネス世界記録に認定!
 登壇者への質問の後、今度は小島監督が「Twitterのフォロワー数が最も多いゲームディレクター」、「Instagramのフォロワー数が最も多いゲームディレクター」として、ギネス世界記録に認定されたとして表彰された。
 
 小島監督は2019年11月8日時点でTwitterの英語アカウントのフォロワー数が281万3385人、Instagramのフォロワー数が88万8539人になり、それがギネス世界記録として公式に認定された。
 
 そして、イベントは今回のイベントに参加された方々との記念撮影が行なわれた後、登壇者の締めの挨拶で締めくくられた。
 
ポジティブは無償の愛!?
小島監督が作品に込めた想いとは?
 イベント後、メディアによる小島監督への単独インタビューが行なわれた。まず最初はイベントについての感想などについての質疑応答が実施された。
 
――ギネス世界記録に選ばれたことへの率直なご感想。また、今後どのようなことをSNSで発信されていこうと考えていらっしゃるのか、教えてください。
 
小島監督:僕の場合は、本を読んだり、映画を観てそれをつぶやくと、僕のファンがどんどん拡散してくれて、いいねが増え、つながっていく。そういったつながりという良さをもっと伝えていきたいですね。ちょっと、しんどいなとも思っていたのですが、もうちょっと頑張ります。
 
――ワールドツアー中に発売を迎えましたが、監督にもユーザーの感想などが届き始めたかと思いますが、率直なご感想をお願い致します。
 
小島監督:こうしたゆるいつながりがイイという人が結構いて、ちょっと驚きました。
 
――本日は久しぶりにファンの前に出るイベントだったと思うのですが、率直なご感想をお願いします。
 
小島監督:4年ぶりの新作で、ワールドツアーは10年ぶりくらいなのですが、つながろうつながろうとは言っていますが、実際に会うの一番ですね。直接フォトセッションやサインをすると、接触して握手して、お互いの気持ちを交換するのはよかった。日本の方とはあまりできませんが、肩を組んだりしましたね。
 
――今作(『DEATH STRANDING』)は映画界で活躍する俳優の方もたくさん出演されていますが、監督は映画とゲームの垣根というものをどう思っていらっしゃるのか、改めてお聞かせ願えますでしょうか。
 
小島監督:昔はフィルムとデジタルで違うと言っていましたが、最近は両方デジタルになって、将来はストリームといった同じ場所に集まるはずです。映画は映画で残ります。今のゲームも残りますが、その間がどんどんなくなってきて、どちらでもない新しいデジタルのエンターテイメントが出てくると思います。
 映画とゲームのプロセスは途中まで一緒なんです。ただ、ゲームの最終出力はインタラクティブというだけなんです。同じ技術も使いますし、同じキャストがストリームの中に入ってくるので、垣根というものはなくなって、もっと広い大地というか、つながるので。僕はその映画とゲームの橋渡しをしないといけない世代だと思うので、それをやっています。なので、5年10年するとそういった議論はなくなるのかもしれません。
 
――ゲームを開発している時に、一番これはチャレンジだったと思ったことはなんでしょうか。
 
小島監督:新しい物は形がないとわからないんですよ。僕の頭の中を見せる訳にはいかないので、言葉で説明したり、絵を描いたり、なのでスタッフもわからないんです。たとえば、(『DEATH STRANDING』には)「いいね」があるじゃないですか。あれはポジティブなんですが、普通SNSにある、ネガティブの方はなぜないんですかと。
 また、お金にならないと、同意してもらえませんでした。スタッフはゲームって自分が有利にならないと、そういうこと(いいね)しないんですよ、と言うのですが、それをやると普通のゲームじゃないかと。“ポジティブというのは無償の愛だ”と、とにかくこれをみんなでやりましょう、と言って作り出して、1年半くらいしたらようやくいけるぞというふうになりました。
 
――ゲーム内にエジプトの死生観が見受けられましたが、エジプトを例に挙げられたのには何か理由があるのでしょうか。
 
小島監督:エジプトでは死んだ者が帰って来るためにピラミッドを造って、生と死という概念が生まれたのは人類の起こりでもあるので、そこにフォーカスを当ててその要素を入れています。ただそれは、知りたい人が知れるようにアーカイブに入れ、分かる人は分かる、知らなくていい人は知らなくていいような構造にしています。映画とは違うので。
 
――『DEATH STRANDING』を作り始める前に、月に関するツイートをされ、トレーラーでも月が印象的なシーンとして使われているなと思ったのですが、本作と月との関係、または監督の思い入れがあったりするのでしょうか。
 
小島監督:僕は不可能の7割は可能だと思っています。人生でいろいろできないことがあって、できないことを超えないと評価されません。まともに越えなくてもよいですよ、壁があっても横から行ったりとか。これがゲームデザインなんです。
 僕は子供のころ宇宙飛行士になりたかったのですが。50年前に誰もが行ったことのない、前例もない月にアメリカ人の3名が、何千人のサポーターはいましたが、9日間行って帰ってきたんですよ。それを考えたらなんでもできるような気がして、クリフのセリフにもそういう意味合いが含まれています。
 
――『DEATH STRANDING』はオープンワールド的だけれどもインタラクティブで。その塩梅って難しいと思うのですが、一番苦労したところはどこでしょうか。
 
小島監督:ゲームとストーリーテリングって、本当はあまり相性がよくないんですよ。僕はマルチエンディングのゲームは好きですが、あれはストーリーではないと思っているんですよ。だから僕のゲームではないんですよ。ある一本の運命があって、どんなに頑張っても彼氏と彼女が別れる、というのがストーリーじゃないですか。
『DEATH STRANDING』はオープンワールドなので、自由度がないと意味がないじゃないですか。AからB、BからCにつなげていくんですが、そのルートは自由なんですよ。ただ、AからB、BからCという時間の流れがあるから、ストーリー
になるという設計なんです。AからC、AからDにはいかないんで、ただAからBに行く際に、山に行ってもいいし、川を渡ってもいいしという自由度があるんです。
 たとえば、東京、渋谷、上野に行くという3点は決まっているんですけれど、電車で行く、歩いていく、タクシーに乗る、とそこは自由なんですよ。でもそんなに凄いストーリーテリングではないんですよ。
 
――ゲームをクリア後も任務を続けたり、他のプレイヤーとつながりたいという人はいるかと思うのですが、そうした人たちに向けてのアップデートなどは何か考えているのでしょうか。
 
小島監督:DLCの予定は今のところありません。ストーリーが終了しても、配達任務はずっと続けていけます。隠れている人もいますし、ミッションも多いので、ストーリーが終わったとしても割と遊べるようになっています。
 
 
文● ジサトラハッチ 編集●ASCII

最終更新:12/4(水) 1:04
アスキー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事