ここから本文です

USB Type-C準拠の垂直レセプタクルコネクター

11/11(月) 10:30配信

EDN Japan

 日本航空電子工業は2019年10月、USB Type-Cに準拠した「DX07」シリーズに、サーフェスマウント(SMT)タイプの垂直レセプタクル「DX07S024WJ4」を追加した。端子を全て表面実装で固定し、基板の厚みを問わず実装できる。

20Gビット/秒の高速伝送に対応

 DX07S024WJ4は、USB Type-C Specification Release1.4と、USB Power Delivery Revision3.0(最大5A)に準拠し、20Gビット/秒の高速伝送に対応する(USB 3.2 Gen×2準拠)。

 リバーシブル構造を採用し、プラグの表裏方向を気にせずに挿抜できる。また、ロック構造により耐寿命性が向上。挿抜寿命は1万回となる。定格電流は最大5A、定格電圧はAC20Vrms、耐電圧はAC40Vrms(1分間)、極数は24。接触抵抗は初期40mΩ以下で、絶縁抵抗は100MΩ以上、使用温度範囲は-30~+85℃となる。

 基板厚を問わずに実装可能なSMTタイプの垂直レセプタクルが加わったことで、例えばモニターやテレビなどの機器では、側面だけでなく背面からもケーブルが引き出せるようになる。販売時点情報管理(POS)端末など水平、垂直基板が混在する機器の内部で接続する際、配線の自由度が向上し、省スペース化も図れる。

EDN Japan

最終更新:11/11(月) 10:30
EDN Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事