ここから本文です

豪州代表コーチに元阪神・オクスプリング 日本戦へ「難しい試合になる」

11/11(月) 6:00配信

デイリースポーツ

 「プレミア12・2次ラウンド、日本-オーストラリア」(11日、ZOZOマリンスタジアム)

2006年に阪神でプレーした経歴を持つ豪州代表のクリス・オクスプリングコーチ(42)が10日、日本対策を投手陣に伝授することを明かした。

 自身は04年アテネ五輪準決勝で先発し、七回途中5安打無失点の快投で日本を撃破。13年WBC壮行試合でも2回無安打無失点の“日本キラー”は「ミスをしないことが大事。ミスをするとたたみかけられる」と語った。

 狙うのはロースコアの展開。稲葉ジャパンの映像は「まだ見ていない」としつつ「日本は投手がとてもいい。難しい試合になる」と予測。「投手とディフェンスが鍵」と自身が制球よく日本を封じたような戦いが理想だ。

 阪神時代の思い出を「ファンが熱狂的。とても楽しかった」と明かした同コーチ。今度は指導者として、日本の前に立ちはだかる。

最終更新:11/11(月) 6:00
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事