ここから本文です

フルリニューアルしたiOS 13の「写真」アプリは、「見る」「いじる」が超強力に

11/11(月) 7:39配信

ITmedia Mobile

 iOS 13が出て、当たり前のようにアップデートして、いつも通りiPhoneを触っていて、まあこんな感じだよなー……ん? 何じゃこれー、という感じでびっくりしたのである。写真アプリ。

編集の新機能

 写真アプリの仕事って、見る→いじる→見せるの3つに集約できるんだけど、「見る」と「いじる」のとこが大きく変わったのだ。

 特に「いじる」のとこがすごい。

 まずはこの写真を。

 こうできちゃうのである。

 これは知っとかないと損、というわけで、「見る」と「いじる」を中心に進化点を紹介するのである。

写真の見せ方が新しくなった

 写真アプリって当初から、たくさん撮った写真を「どうやって探すか」「どうやって整理するか」に注力していた。

 素直に「カレンダー表記」なんてせず、「モーメント」「コレクション」なんていう「撮影日と撮影場所」を組み合わせて自動的に分類までしてくれていたわけである。でも「モーメント」なんていわれてもピンとこないよね。

 それが一気に整理され、素直に「日別」「月別」「年別」になったのだ。やっと!

 で、単に日月年別に表示することにしました、じゃないのがミソ。

 まず「日別」。その日に撮った写真を表示してくれるのだが、「目玉となる写真は大きく」(どれを大きくするかはアプリが決める)、「似たような写真が続いたら省略」(どれを省略するかはアプリが決める)、が注目すべき点だ。

 上の例だと、少し下にスクロールすると最後に「+47」と表示されている。「さらに47枚隠れていますよ」って意味だ。

 たくさん撮影した日はスクロールするだけで大変なわけで、その日のダイジェスト……とまではいかないけど、ある程度絞ってくれるのはいい。「+47」をタップすると「すべての写真」表示に切り替わる。

 逆に「月別」にすると、1カ月ごとにまとめてくれるのだが、1カ月あればあっちで撮ったりこっちで撮ったりするもの。

 1月をいくつかに分けて場所ごとにまとめ、その月、場所の代表的な写真をアプリが決めてタイトル画像にしてくれる。

 しかも、「マップを表示」にすると、撮影した場所を地図上に表示してくれる。

 これ大事。われわれが写真を探したいときの手掛かりは「いつどこで何を」撮ったかであり、「いつ、どこで」から探せるのはありがたいのである。

 ただし、写真に位置情報を付けていないとダメ。当たり前だけど。位置情報をオフにして使っていると、iPhoneで撮影するよさのかなりの部分をスポイルしている。

 まあ、位置情報を付けることによるリスクはあるけど、主要SNSは写真を共有するときに位置情報は外してくれるし、写真を共有するときのオプションで「位置情報を含めるかどうか」を指定できるので、リスクは運用で回避できればと思う。

1/2ページ

最終更新:11/11(月) 7:39
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事