ここから本文です

阪神・青柳 山本昌氏直伝シンカー手応え 「そういうのが大事になる」実戦テス投

11/11(月) 9:00配信

デイリースポーツ

 阪神の青柳晃洋投手(25)が10日、今キャンプでケース打撃に初登板し、山本昌臨時コーチから教わっている“新球”シンカーに手応えをつかんだ。今季は開幕から先発ローテーションを守り、キャリアハイの9勝を挙げた右腕。苦手にする左打者対策として、新たな武器に磨きをかけ、来季のさらなるレベルアップにつなげていく。

 現状維持では未来を切り開けない。青柳本人が、それを一番理解していた。「今年のままでは、来年通用するか分からないので」と必死の思いを言葉に乗せる。習得中のシンカーを自身の武器にするべく、実戦の場で“解禁”した。

 この日は合計「3~4球投げました」と、山本昌臨時コーチから教わっているシンカーの感触を確かめた。1死一、三塁の想定で小幡を打席に迎え、1ストライクからの2球目。低めのシンカーでバットに空を切らせ「真っすぐとの球速差も、ちゃんとあったと言ってくれた」と小幡からの打者目線の感想に、手応えを感じ取った。

 以前から青柳の課題は対左打者だ。今季の左右別被打率は、対右打者が・193である一方、対左打者に・332とその差は歴然だ。シーズン中は相手打線が左打者をスタメンに多く並べることも少なくなかった。

 その対策の鍵が“新球”シンカーだ。「右(打者)は現状のボールを良くすればいい。コントロールが付くまでは、まずは左打者に対して投げようと」と今後も左封じに注力する。福原投手コーチは「まだ練習段階だけど、まあまあじゃないですかね」とジャッジした。

 今季はプロ4年目で初の規定投球回数に到達し、自身最多の9勝を挙げた。だが、結果が出れば徹底的に研究されるのがプロの世界。来季のさらなる飛躍へ、シンカーの精度向上は不可欠となる。

 矢野監督は「改善するところと、使えそうな球というのを判断できると思うので」と打者相手に投げる機会の有効活用を求めた。「(山本)昌さんが金本さんを抑えるために覚えたのがスクリュー。そういうのが大事になってくる」と青柳。“アレルギー”克服へ、完全習得を目指す。

最終更新:11/11(月) 9:12
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ