ここから本文です

八王子のライブハウスでチャリティー企画 台風19号で被災した市民支援へ

11/11(月) 13:41配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 八王子市内で台風19号の被害を受けた人たちを支援しようと11月14日、チャリティーライブがライブハウス「八王子RIPS」(八王子市三崎町)で行われる。(八王子経済新聞)

 投げ銭方式で寄付金を集めるチャリティーイベントとして行われる今回のライブ。当日は10月に活動を休止することを発表したバンド「グッドモーニングアメリカ」のボーカル・ギターである金廣真悟さんと、「フラチナリズム」の「八王子観光PR特使」を務める2組がパフォーマンスを披露する。

 店長を務める奥泰正さんが急きょ企画したもの。台風襲来後、10月下旬にボランティアで市内の被災地に入ったという奥さん。「ボランティアに行ったのは初めてだったが、(現地に行って)こんなにひどいんだと思った。土砂は積み上がり元に戻るなんてことが考えられないほどだった」と振り返る。

 「報道もほぼされなくなったが、困っている人はいらっしゃる。まだ困っている人がいるのに風化させてはいけない」と話し、「体力的には役に立てないが、僕にできることはそれだけじゃない。得意な支援の仕方があるんじゃないか」と奥さん。

 「八王子のミュージシャンとは、来春くらいまではこういうイベントを定期的に打っていき、いろいろなアーティストが集まってボランティアや募金活動をしていこうと話をしている」と明かす。「ミュージシャンには熱い気持ちを持っている人が多い。八王子のミュージシャンが頑張れば、今、災害で困っている地域のミュージシャンも声を上げやすくなるのでは。全国的に地元のミュージシャンが頑張る形が作れるといい」とも。

 既に今後の開催予定も決まり始めており、「楽しめる人は楽しんで、その楽しんだ人のお金が困っている人の元に行けばいい」と奥さん。集めた募金は全て台風19号で被害を受けた八王子の人たちのために活用するとしており、「市役所などを通して寄付する形にしようと考えている」と話す。集めた金額や寄付先については後日発表する予定だという。

 開催時間は19時30分~。入場無料(別に1ドリンク=600円の注文が必要)。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:11/11(月) 13:41
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事