ここから本文です

【K-1】武尊攻略に自信の村越優汰、勝てる確率は何と8割以上

11/11(月) 20:31配信

イーファイト

 11月24日(日)神奈川・横浜アリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~』に出場する村越優汰(25=湘南格闘クラブ)が11日、都内にて公開練習を行った。

【フォト】村越が超ミニの魔女っ子コスプレで登場!

 村越は2分1ラウンドのミット打ちを披露。パンチのみのミットだったが、右のジャブからのダブル・トリプルのコンビネーションを見せた。村越は「手の内を見せないことと、パンチに自信があること」の2つの理由でパンチのみのミット打ちを選択したと語った。

 武尊戦に向け、現在はK-1ジム三軒茶屋シルバーウルフでの練習をメインにしているという村越。昨年12月に武尊のタイトルに挑んだ皇治(TEAM ONE)、武尊と二度に渡り激戦を繰り広げた小澤海斗(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)らが汗を流すジムであることから、武尊に対するデータはどこよりも豊富。既に「武尊戦の戦略はだいぶ固まっている。実行できれば80%以上の確率で勝てる」と自信をみなぎらせる。

 武尊の武器で最も警戒すべきは「パンチ」と答えた村越。とはいえ「パンチだけの選手だったら、パンチだけで倒すことはできない。蹴り技があってのパンチなので、全体的に警戒している」と武尊の武器が高い水準でまとまっていることは十分に理解している。

 また武尊もこれまで三階級を制覇する中で、階級を上げるにつれて戦い方に変化が見られるが、それについても「フェザー時代より強くなっているとは思いますが、根本的な戦い方は変わっていない。自分であれば突ける穴もある」と分析。さらに「前蹴りももちろん意識していますが、前蹴りなら僕の方が上回っているので、いつもみたいな感じにはやりにくいんじゃないか」と、まさに丸裸にしたと言わんばかりの分析結果を次々と明らかにした。

 武尊と戦う理由について問われると「みんながすごいと名前を出すのが武尊選手。選手としては目立っている選手と戦いたいというのがある」と、武尊の”K-1の顔”としての部分も意識していることを明かす村越。「自分が勝てば自動的に(次のK-1の顔に)なると思いますし、武尊選手よりもルックスもいいと思うのでそこは自信を持っていきたい」と、実直な村越らしからぬ大胆不敵な発言も飛び出した。先月末に行われた公開イベントでは、ハロウィンのコスプレとして魔女っ子に扮した村越。「メンタルトレーニングになりましたね」と照れ笑いを見せたが、その成果はすでに表れているようだ。

 今回は、スーパーフェザー級に階級を上げて初めての試合。いきなりの武尊との試合となったが「スーパーフェザーの体もいい感じに仕上がっている。特に不安もない」と万全のコンディションを作っていると村越は自信を見せる。9月の会見で見せた「今回はKOで勝つとは言いません。武尊選手を完封します」との宣言に、武尊から「そんな姿勢じゃK-1の神様は選ばない」と返された点も「自分のスタイルを貫くだけ」と意に介さず。「勝つという結果を残したい」とはっきりと口にした村越は、カリスマを封殺しK-1の歴史に名を刻むことができるか。

最終更新:11/11(月) 20:31
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事