ここから本文です

有名俳優、人生を変えた心臓発作 恋人が命救った

11/11(月) 10:30配信

デイリースポーツ

 アントニオ・バンデラス(59)は、2017年に心臓発作を経験したことで人生が変わったそうだ。エクササイズをしている最中に胸に痛みを感じ病院へ運ばれ、後にそれが心臓発作だったと診断されていたが、その辛い体験はドラマのようだったと振り返っている。

 米情報番組「エンターテイメント・トゥナイト」でアントニオはこう話す。「僕ら俳優にとって、人生で起こる全ての事がキャリアに影響を及ぼすと思う。『キャリアと私生活は別物だ』って言う人は信じられないね。僕の場合はそうじゃない」「俳優にとっての食事とは人生そのものだよ。明らかに、心臓発作が起きた時にはドラマのようだった。違った方向に目を見開くことになったし、前とは違った優先順位をつけることになった。僕の人生を変えたし、僕の演技も変えていくだろうね」

 さらに、アントニオは恋人のニコール・キンペルが偶然にも発作の前日に強力な頭痛薬を買っていたことで命拾いしたと話している。「発作の前夜に僕の恋人は頭痛がしていたんだけど、家には何もなかった。だから、彼女は痛み止めを買いに行ったんだ。そこには強力なアスピリンしかなかったから、彼女はそれを買ったんだ」「翌朝、僕に症状が現れ始めた時に、何が起こっているのか僕にはわかっていた。彼女がその強力なアスピリンを僕の口にねじ入れて、それが僕の命を救ってくれたんだ。僕は2度目のチャンスを与えられたわけだ。それ以来、僕の人生で何かが変わったんだ」(BANG Media International/デイリースポーツ)

最終更新:11/11(月) 10:45
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事