ここから本文です

【マイルCS馬体診断】ダノンキングリー

11/11(月) 13:39配信

デイリースポーツ

 「マイルCS・G1」(17日、京都)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】G1馬体診断 マイルチャンピオンシップ出走馬の馬体をチェック

 【ダノンキングリー 評価B】

 デビューから体重の変動はなし。ただ、背腰に力がつき、腹回りにも厚みが出たことで、以前のシャープな見栄えからは、だいぶたくましくなった印象を受ける。毎日王冠もゆとりのあるつくりだったが、今回も無理に引き締めたという感じはない。成長に合わせているのだろう。凜とした表情はいつも通り。雰囲気の良さが伝わってくる。

(馬サブロー美浦・佐野裕樹)

 〈1週前追い切り診断〉美浦南Wで5F67秒5-39秒7-12秒9(一杯)。3馬身追走から、直線はビシッと追って矢のような伸び脚。この馬本来の切れのある走りで2馬身の先着を果たした。馬体も締まって、気配は申し分ない。

最終更新:11/11(月) 14:05
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事