ここから本文です

韓国副首相 来年の成長率「2.2~2.3%以上を目指す」

11/11(月) 17:29配信

聯合ニュース

【世宗聯合ニュース】韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は11日、来年の韓国の経済成長率について、2.2~2.3%以上の達成を目指す方針を示した。政府世宗庁舎で開かれた記者懇談会で明らかにした。

 洪氏は「世界的な景気後退による困難の打開、景気回復のモメンタム(勢い)構築が当面の課題だ」と述べた。

 国際通貨基金(IMF)、経済協力開発機構(OECD)など主要機関が韓国の来年の経済成長率見通しを2.2~2.3%と予測しているが、それ以上を達成できるよう新たな政策を模索すると説明した。

 また「成長動力の拡充と体質改善に向けた構造改革を本格的に推進し、潜在成長率自体をアップグレードする努力を傾けることにも重点を置く」と述べた。

 文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後の2年半については「韓国経済の趨勢(すうせい)的な鈍化と二極化の問題の解決策として、革新・包容・公正を土台にした経済パラダイム大転換の努力に集中した」と振り返った。

 今後の課題については「民間の活力低下、世界経済と連動した低成長、構造改革と生産性向上を通じた潜在成長率向上などを急いで補完しなければならない。来年は景気回復のモメンタムを築き、中長期的観点から成長動力拡充の努力を加速させる」と述べた。

最終更新:11/11(月) 17:29
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事